レッドゾーン

過去・雑記




ホワイトゾーン、イエローゾーン、レッドゾーン、ブラックゾーン

こんにちは、服部です。

おそらくあなたは”レッドゾーン”という言葉は何度も聞いたことがあると思います。

実はそれ以外にも、3つのゾーンがあるということをご存知ですか?

そもそもレッドゾーンというのはエンジンメーターなどの赤くなっている部分で、限界を示す言葉としてよく使われます。

「オマエはもうレッドゾーンに突入してるよ」

みたいな感じで。

これだけ聞くとなんだか悪いイメージですが、もう少しパーソナルな言い方に変えれば、”最前線でギリギリの戦いをしてる状態”と言えます。

では、その他にどういった”ゾーン”があるのかについてですが、この言葉と概念というのは、もともとコピーライターのジョン・カールトンが言っていた『意識ゾーン』が元です。

□ ホワイトゾーン

ほとんどの人はこのゾーンで生活しています。

ただただ漠然とした不安しか持ってなかったり、特に何の危機感も持っていないため、何も考えずにのんびりしている状態ですね。

要するに居心地が良い、コンフォートゾーンや安心領域と言われる場所です。

イエローゾーン

ある程度は、意識的に思考している状態ですね。

何か行動するわけではないんですが、「何かが起こるかもしれない」と気を張っていて、そのための情報収集はしてたりします。

行動できない理由は「かもしれない」ですね。

ホワイトゾーンの人よりかは意識は高いですが、まだしっかりと現実を見れていないので、レッドゾーンには踏み込めない感じです。

レッドゾーン

最初にお伝えしたとおり、まさに実践中なんです。

失敗、恥、を恐れずガンガン攻めてる状態ですね。

ただ、ポイントとして、”リスク管理”に関しては、徹底してるということです。

要するに、計画性もなく無防備な状態で、最前線で打ち合うことはしないということです。

リスクを理解して、しっかり準備した上で、あとは自分を信じて限界に挑むという感じです。

■ ブラックゾーン

意識がブッ飛んでいてヤバイい状態です(笑)

たとえば、ボクシングでいうと無意識の状態で体が勝手に打ち合ってるという状態です。

ランナーズハイとかもそうですかね。

ビジネスをしてる上ではあまり関係ないですが、精神的にこの状態なのはかなり危険ですよね。

で、あなたがどの場所で生活をしているのかで、手に入るものというのは圧倒的に変わります。

それは情報であったり、収入などもそうですし、出会う人なんかもそうです。

そりゃそうですよね?

もし洪水になって、水に沈んだことを想定して「溺れないように」と準備をするときに、本を読んで泳ぎ方を頭だけで学ぶという、いわゆるイエローゾーンの状態と、服を着たまま、足のつかない水に飛び込んで、誰かに溺れない方法を実践的に教えてもらう、レッドゾーンとでは、得られるものというのは、明らかに、天と地ほどの差がありますよね。

ホワイトゾーンにいる人というのは、まずこの記事を読むことはない思います(笑)

なので、そこの人はどうでもいいです。

が、もしあなたが今、イエローゾーンでくすぶっているのであれば、指導者と共にレッドゾーンに踏み込んでください。

得られるもののレベルが、一気に激変しますよ。

あなたは今、どこのゾーンにいますか?


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  2. ステップメールの7通目:予告とオファー
  3. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  4. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  5. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い

関連記事

  1. SeeSaaブログ ペナルティ

    過去・雑記

    SeeSaaブログが受けた神(Google)の裁き(ペナルティ)

    こんにちは、服部です。こういった系の記事を書くときは、だいたい…

  2. ニーズ

    過去・雑記

    『楽して得』の後にある『罠』②

    こんにちは、服部です。前回の続きです。 そ…

  3. 金の卵

    過去・雑記

    USPをつくるには(本当の)強み発掘と弱みの管理が必要

    こんにちは、服部です。多くの人が、ライバルと差別化しようとして…

  4. 過去・雑記

    価値のある情報発信の仕方

    こんにちは、服部です。ビジネスで大事なことなんて、もうすでに全…

  5. ビジネススキル

    過去・雑記

    ビジネスを成功させる選択肢

    こんにちは、服部です。どこかのブログで書いたと思うんですが、こ…

  6. 過去・雑記

    幸せを願ってるフリ

    こんにちは、服部です。「好きな人ができたんだ、、、だから、、、…

定期購読マガジン

note

オンラインサロン

よく読まれている記事

  1. Twitter
  2. Twitter
  3. AI
  4. インフルエンサー

最新記事

  1. 情報商材屋がメルマガを使い続ける理由
  2. 効率と成長スピードを倍速にするTwitterとブログの“神”…
  3. コンサルタントを選ぶときは何を見るべきか?
  4. 障害者の生産性はマーケティングで向上する
  5. オンラインサロンの亡霊

服部のアタマの中

  1. 落合陽一

    つぶやき・仕事術

    子を持つ親が必ず読むべき本『これからの世界をつくる仲間たちへ(落合陽一)』
  2. music

    集客・マーケティング

    『Youtube × note』でシンプルにマネタイズする方法【ミュージシャン編…
  3. newspicks

    洗脳・マインドコントロール

    NewsPicksとダイレクト出版と情報弱者
  4. オンラインサロン

    洗脳・マインドコントロール

    オンラインサロンの亡霊
  5. SNSマーケティング

    キラキラ起業女子がTwitterを使わない3つの理由
PAGE TOP