ソロ・マーケティング部|第4期(サブスク部員)

【NEW】特典追加

第4期からは、これから配信する月刊コンサルnote、過去のコンサルnoteも全て無料で閲覧できるようになりました。

何かしらフィードバックをしてもらえると嬉しいです
過去のnoteは希望者のみにプレゼント形式でメール配信します
コンテンツメイクの教科書は在籍3ヶ月以上の方のみに提供します

月刊コンサルnoteはこちら

 
こんにちは、服部です。

このページはマーケティング特化型オンラインサロン『ソロ・マーケティング部(第4期:サブスク部員)』の案内ページです。

が、セールスレターのセオリーは無視して書いていきますし、例によって読むだけでも何かしら役に立つ内容になっているので、マーケティングに興味がある方は読んでいただければ。
 

ちなみに「稼ぐ」と書いてありますが、「誰でも、簡単に、楽して稼げる」とかそういう類にものではなく、むしろマーケティングをある程度のレベルまで極めないと全っ然っ稼げません。

オンラインサロンに参加するだけでは本っ当っに稼げないので、その辺はご理解いただいた上で、そういうのを求められていた人は他に行っちゃってください。
 

オンラインサロンのテーマでもある「ソロ・マーケティング」には2つに意味がありまして。

1つは、会社を経営している社長であれ、1人の起業家であれ、仮に会社が倒産しても、今ある商品やサービスが売れなくなっても、マーケティングの知識やスキルを身につけていればお金に困ることはなく、“ソロ”という言葉通り「体一つ」で生きていけるということ。

何度でも再起ができるので、失敗を恐れることもなくなります。

もう1つは、来るもの拒まずで不特定多数のお客さんを相手にするようなインフルエンサースタイルではなく、一人ひとりのお客さんの気持ちを考えて向き合う“少数精鋭”の戦略を取ることで息の長いビジネスができるということ。

このオンラインサロンでは、主にこの2つについての考え方や仕組のつくり方、実体験や実践ベースに基づいてアドバイスをしています。
 

が、冒頭でもお伝えした通り、オンラインサロンを活用できない人、具体的に言うと

質問・相談する → 課題を決めて実践する → 結果報告と検証をする → 次の施策を考える → 質問・相談する…

といったことができずに見ているだけ、在籍しているだけという人は、このオンラインサロンに限らず、どのオンラインサロンに入ってもお金をドブに捨てるだけだと思うので、別の方法(マンツーマンのコンサルなど)を検討することをオススメします。

実際、オンラインサロンの中で成果を出せている人は、例外なく不定期でも上記のサイクルを回せている人だけです。


ソロ・マーケティング部(第4期:サブスク部員)

ソロ・マーケティング部に入部ご希望の方は、下記のフォームから登録をしてください。折り返しメールが届きます。

ソロ・マーケティング部に入部する

※登録後、数時間経ってもメールが届かない場合はTwitterFacebookにDMをください

誰も話さないオンラインサロンの裏側

この『ソロ・マーケティング部』は“コンサル型”オンラインサロンであり、他の“コミュニティ型”オンラインサロンとは方向性も考え方も違うので、本題に入る前にオンラインサロンにまつわる残酷な話を少し。

マーケティング特化型オンラインサロン『ソロ・マーケティング部』は、立ち上げた当初(ちょうど1年前)から買い切りのサービスにしているんですね。

つまり、最初に1回だけお金を払えば月額会費を支払うことなく、永久部員としてずっとアドバイスを受けられるシステムです(自ら退会するか、僕が経営する会社が倒産しない限り)。
 

金額(57,000円)だけを見て「高い」という批判もありましたし、他にも「永久とか自分なら絶対にやりたくない」とか「対応できるわけない」という人もいましたが、結論から言うと「全く問題無し」なんですよ。

参加者は今で130名くらいなんですが、これくらいの人数であれば全く問題無く、というか余裕で運営できます。
 

その理由としては、ベタですがオンラインサロンにも「パレートの法則(80:20の法則)」が例外なく成り立つからなんですね。

どういうことかと言うと、100人の参加者がいたらアクティブに活用する(積極的に質問や相談をする)のは20%の人だけで、あとの80%はROM専、つまり見るだけの人で、さらに質問や相談をする20%の中でも実際に行動するのは20%の人だけで、あとの80%の人は行動しません。

もっと言うと、行動した20%の人の中で結果報告をして改善をしてくのは20%の人だけで、あとの80%は諦めるか違うことに手を出します。
 

残酷ですがこれが現実で、だからこそ成功できる人、成果を出せる人は一部の人だけなんです。

まぁ、この割合が逆だったら世の中は億万長者だらけになっていますからね。
 

これはセミナーにしても同じで、参加して行動に移す人は20%、TwitterもROM専が80%で積極的にツイートする人が20%、ブログも立ち上げて続けられる人は20%…とほぼ全てのシーンであてはまります。

なので、オンラインサロンで永久部員制度を取っても問題無く運営していけるという確信がありましたし、実際も全く問題無く運営できています。

最初からかなりスクリーニングしていたので、さすがに20%は無いかなと思っていたんですが、1年経って確信したのは、どれだけスクリーニングしても1年も経てば、常にPDCAを回しているようなアクティブな人は限られてくるということです。
 

こういう話をすると「ちゃんと参加者のケアをしろ」と批判する人もいますが、そもそも横のつながりがあってワイワイできないとがんばれないとか、モチベーションの向上や維持を他人に求めるとか、そういったレベルの人の参加は想定していませんし、その辺の要望に応えてくれるコミュニティは他にいくらでもあるのでそちらへどうぞとしか言いようがなく。

モラトリアムに対応するコミュニティではないので、受け身の人やそもそもROM専門かもしれない人を無理やりひっぱり上げることに時間を割いて、ガンガンPDCAを回している人へのサポートを疎かにするわけにはいかないんですよ。

自分でビジネスをしていて、マーケティングスキルを高めていこうとしている人が、自分の能力やスキルを使ってお客さんの役に立とうとしている人が、そんな低レベルなマインドではプレイヤーとして完全にアウトです。
 

いや、楽しむことも大事ですし、実際に飲み会や沖縄の離島で合宿もしていますが、ビジネスを楽しめるのって成果を出せてこそ、稼げてこそなので、そうなる前にワイワイやって目的を見失ってしまっては意味が無いですよね。

仕事も遊びも本気でやるからこそ楽しいわけです。

やる気がある人と無い人、成果を出せる人と出せない人はほぼ確実に20:80に分かれるので、80の人を減らすにはこのように残酷な真実を話してスクリーニングするしかないんです。

永久部員かサブスク部員か

月額制プランの要望もあるので、第2期以降はサブのサービスとして月額制のプランも導入しています。

さすがにここまで厳しめのスクリーニングをしていれば「自分は20%に入る」というごくわずかな強者しか参加されないと思うので、運営に関しても引き続き問題無くできるので。

逆に「自分は確実に80%の方に入っちゃうだろうな」「参加してもどうせ何もしないんだろうな」とわかっている人はやめておいてくださいね。
 

まぁ、そういう人がダラダラと月額費を払うことの無いように永久部員(買い切り)をメインのサービスにしているわけなんですが、じゃぁ、買い切りさえすれば行動できるのかというとそんな甘い話ではありません。

月額払いよりも覚悟を決めやすいのと、最初から長いスパンで考えられるので、計画的に行動を起こすきっかけになりやすいというだけの話です。

ご自身に適したプランを選んでいただければ。
 

永久部員として入部を希望される方は下記のリンクから移動してください。

ソロ・マーケティング部(永久部員)の案内ページに移動する

マーケティングとは

ここまで読んでもらえればわかるように、この案内は「服部って誰?」という人に向けては書いていませんし、そういう人をあの手この手の心理誘導テクニックで参加させようというつもりもさらさらありません。

一定期間、僕のブログ、note、メルマガ、Twitterなどを見ていただいて、興味を持っていただいた方や「マーケティングって面白いな」と思っていただいた方に読んでいただいて、参加していただければ嬉しいなと思っています。

それこそが僕のマーケティングのやり方であり、バズらせて不特定多数の人を取り込むようなマーケティングはしていません。

なので、アンチは発生してもクレームは発生しないんですよね。
 

そもそもマーケティングとはなんぞやという話なんですが、マーケティングの定義というのは諸説ありますが、基本的には「優良顧客だけを継続的に獲得する仕組み」と理解していただければOKです。

優良顧客というのは見込み客、新規客、リピーター、ロイヤルカスタマー、VIP全てです。

つまり、見込み客の段階から良い関係性を築き、購入後もその関係性を継続し、さらにその関係性を強固なものにしていくということですね。
 

マーケティングというと、まだまだ統計やリサーチ、宣伝広告のイメージを持たれがちですが、それはただの一環であり本質ではありません。

むしろ、良い関係性を構築していくわけですから、ビジネスや商売はもちろんですが、ストレスのない人生を生きていく上で、多くの人が必要とする知識でありスキルであるということは言うまでもなく。

極端にシンプルに言うと、好きなお客さんとだけ末長く商売ができるように、こちらも好きになってもらえるように人の気持ちを考えて商売しましょうねという「相互理解」がマーケティングの基本だということです。

「マーケティングを極める」とは?

ビジネスだけではなく、人生も豊かにできる知識、スキルなわけですから、そんなマーケティングをとことん学びたくなりますよね。

ただ、冒頭のコピーで「マーケを極めて、稼ぐ」と書いていますが、何もマーケティングの達人になりましょうというわけではなく。
 

ビジネスをする上で「ここまでマーケティングを理解して実践できればお金に困ることはない」というラインがあるので、その最低ラインまではいきましょうということです。

そこから先、さらに利益を伸ばすためにマーケティングオタクになったり、高みを目指してマーケターになったりするのは、個々の探究心や好奇心次第で。

マーケティングを極めようと思うと、科学、心理学(マインドコントロール)といった範囲まで学ぶ必要が出てきますし、さらにはデザインや哲学といった範囲にまで及びますからね。
 

そこまでいかなくても、情報発信ビジネスをするにしろ、物販をするにしろ、最低限のマーケティングの知識とスキルの習得というのは必須です。

自分が「この人だ!」と思った人と良い関係性を築くためにも。

ソロ・マーケティング部

今回は、ビジネスや職種は一切問いませんが、基本的には「1人(ソロ)で稼いで生きていきたい」という方が対象になります。

組織化せずパートナーとの協業をメインに、人や在庫を極力抱えずにビジネスをしていきたい「初心者〜中級者」ということですね。

もちろん、社内マーケティングをしてサラリーマンとしてのキャリアと収入を上げていきたいという方もバッチリ学べると思います。
 

いつも企画をオファーするとハードルが高くなってしまい「初心者でも大丈夫ですか?」と毎回聞かれるので、たまにはこういったコンセプトも良いかなと。

初心者でも大丈夫とはいえ、マインド的に参加のハードルは高いと思いますが。
 

もちろん、レベルの高いマーケティングの領域にも入っていくので、上級者の方やすでに稼いでいる方も遠慮なく参加していただければ。

というのも、マーケティングを学んでいなくても稼げている方というのはけっこういて、そういう方は自分のやっていることを説明できないだけで、感覚的にかなり高度なマーケティングができちゃってるんですね。

めちゃくちゃ売る営業マンや販売員も例外ではなく、彼らはセールススキルが長けていると思われがちですが、長期的に数字を上げられる営業マンや販売員は、総じて高度なマーケティングスキルを持っているということです。

そういった方が論理的にマーケティングを理解して、計画的にPDCAが回せるようになるとかなり最強になるので、ぜひ参加していただきただきたいですね。

ストレスがない関係性で商売を

マーケティングを理解して実践できるようになれば、インフルエンサーに依存したり売名したりする必要もなく、もっと言うとSNSにすら依存せずに、1人で稼いで生きていくことが可能になります。

センスや人脈、キャラといった、他者に心臓を握られたり、確実性の低い手法に依存する必要が無くなるということですね。

それは、オンライン、オフライン関係なく。
 

なぜなら、お客さんとの関係性が築けていれば、何が欲しいか(何に困っているか、もっとどうなりたいか)をお客さんが教えてくれるので、あとはそれをつくって「お待たせしました」と目の前に差し出せば良いだけだからです。

お客さんは必要のないものを押し売りされることはありませんし、販売者側も「来月はどうやって稼ごう?」「これは売れるかな?」と不安になることも無くなり、お互いノンストレスでビジネスができるわけですから、そんな素晴らしいことはないですよね。

ぜひ、あなたのビジネスと人生のためにマーケティング力を手に入れてください。

ソロ・マーケティング部概要

ソロ・マーケティング部の運営形式について。

実際、どんなコンテンツが配信されていて、どんな個別相談に対応しているかについては、下記の運営サイトを参考にしていただければと思います(詳細は入会しなければ閲覧できません)。

 
現在はコミュニケーションも重視していいるため、Facebookグループも活用しています。

カリキュラムの配信

ROM専(インプット目的)の方も活用できるように、コンセプトメイク、集客、プロモーション、マネタイズ、を含む、WEBマーケティングの基礎知識〜実践フレームワーク、コンテンツのつくり方までを配信していきます。

ソロ・マーケティング部開始後アンケートを実施し、要望がありましたらメルマガ戦略、Twitter戦略、note戦略なども随時追加していきます。

80%の人を極力置いていかないようにするための僕なりの工夫ですね。

有料noteの配信

第4期からは定期購読マガジン『月刊コンサルnote』も全て無料で読めるようにしました。

ただ、ノウハウコレクターになってしまうのはよろしくないので、可能な限りフィードバックしてください。

また、過去のコンサルnoteに関しては、希望者のみにnoteのプレゼント機能を使ってメール配信で無償提供しています。

個別アドバイス

カリキュラムとは別に個別でアドバイスをします。

どの段階で質問をしていただいても良いので、考えていることや進めようとしていることが「これで合っているかのか?」と不安な方は、随時、質問や相談をしてください。

ソロ・マーケティング部の運営場所

ソロ・マーケティング部は専用の会員サイトを使い、オンラインサロン形式で運営します。

セキュリティ強化のためTwitter、もしくはFacebookのアカウントとの紐付けが条件となりますので、アカウントをお持ちでない方は開設を済ませておいてください。

また、アカウントにニックネームを使用されている方や、プロフィール画像に他者の著作物を使用されている方の参加はお断りさせていただく場合があります。

※ 現在はFacebookグループも活用しています

勉強会&オフ会の実施

マーケティング熱が盛り上がってきたら、オフラインでの勉強会や飲み会もやりましょう。

過去に東京、大阪でのオフ会、オンラインでの相談会、ヨロン島でのマーケティング合宿などを開催しました。

最近では新しいマネタイズの柱を作るためのZOOM会『裏マーケ部』を毎週金曜日21時から実施しています。

ソロ・マーケティング部の参加要項

ソロ・マーケティング部の参加要項や注意事項について。

参加費用

ソロ・マーケティング部サブスク部員への参加費用は4,800円(税込)/月額です。

支払いを停止して退会されるまで、いつでも何度でも質問、相談していただけます。

お支払い方法

クレジットカード(PayPal)にて決済をしていただきます。

退会について

いつでも退会していただけますし、希望であれば全ての質問や相談のデータも削除します。

また、あくまでコミュニティになりますので、他の部員へ迷惑行為を行なっていると判断した場合は強制退会の対応を取らせてさせていただきます。

※ 退会後の再入会はできません。

その他注意事項

入会後のお客様都合によるキャンセル及び返金は受け付けていません。

※運営会社の情報はこちら
※特定商取引法に基づく表記はこちら
※個人情報保護方針はこちら

よくある質問

入会にあたってのよくある質問について。

Q:返金保証はありますか?

返金保証はありません。

返金保証をあてにする方は例外なく依存心が強いため、他の部員の方の迷惑になります。

部員全員にとって最良の環境を保つため、返金保証が無いと参加できないという方は入会をご遠慮ください。

Q:サポートが受けられない業種はありますか?

実体が不明、誇大広告、過剰表現、根拠のない成果を謳う商品やサービスへのサポートはお断りしています。

例:スピリチュアル、宗教、“楽して稼げる系”の情報商材など

Q:個別にアドバイスをいただけるのでしょうか?

はい、僕が直接アドバイスをします。

オンラインでの対応になるので、時間を気にせずいつでも頼ってきてください。

Q:ブログ集客やアフィリエイトも教えていただけるのでしょうか?

ブログ集客やリストマーケティングに関するカリキュラムは配信しませんが、質問や相談をしていただくことは可能です。

アフィリエイトに関しては、僕自身実践していますが、専門ではないためアドバイスできるレベルと範囲は限られてきます。

要望が多いようであれば知り合いの専門家に参加してもらいます。

Q:情報量が多くて消化できない可能性はありませんか?

すでにガンガン事業をされている方は、インプット目的で参加される場合も多いので、カリキュラムは多めに配信する予定です。

ただ、ソロ・マーケティング部は、ノウハウを提供するだけの場ではなく、実際に稼いでいただくための環境です。

そのため、現在のステージや目標に合わせて、取るべきアクションを個別でアドバイスします。

最終的には、僕が持っているマーケティングの知識を全て吸収していただきたいですが、学ぶことを目的とせず、収入を増やしながら知識を付けていってください。

Q:高齢でも入会することはできますか?

WEBマーケティングを主軸とするビジネスにおいては、高齢の方が新たに参入しても成功しにくいというのが実情です。

その原因は、基本的なネット知識も追いつかない方が多いことと、価値観や経験則が固定されているため、新たな価値観に順応しにくい点にあります。

もちろん、60歳を手前にして真剣にマーケティング学び始め、成功されている方もいらっしゃるので、気持ちが若く、他者の教えを素直に受け入れられることができる柔軟性があれば問題ありません。

Q:まだ何がしたいのかわからないのですが入会できますか?

正直、自分探しの状態ではソロ・マーケティングを活用するのは難しいです。

ただ、自分の信念や人生の目標がある状態であれば、マーケティングを学ぶことによって、ビジネスのコンセプト(誰に、何をして、どうなってもらいたいのか)を見つけられる可能性はあります。

また、130名の部員の方が在籍しているので、いろんなつながりの中で得られるものも大きいです。

みなさん、お互いプレイヤーとして楽しくも厳しい関係性でコミュニケーションを取り合っているので、環境を変える、やらざるを得ない環境を手に入れるという目的で入会されても良いかもしれません。

Q:リサーチのために入会しても良いですか?

はい、むしろリサーチのために活用することが一番価値のある使い方だと思います。

実際、リサーチのスレッドを立てて、130名の仮想見込み客にヒアリングをし、そのデータを元にマーケティングプランを立てている方も大勢います。

ただ、あくまでソロ・マーケティングも「小さな市場」です。

リサーチも告知もセールスも自由ですが、信頼関係を築けていない状態で自己中なアクションを起こしても、失うものはあっても得られるものはありませんのでご注意ください。

Q:入会後、課金されることはありますか?

個別相談やコンテンツ閲覧のために追加で課金されることは一切ありません。

※オフ会や合宿(希望者のみ)に参加される際の飲食費や交通費、宿泊費などは実費で負担していただきます

年末商戦よりも来年の成果

コロナウイルスの影響を受けて経済は混沌としているわけですが、個人ビジネスにおいてこの時期にジタバタするのは正直ビミョーなアクションです。

理由に関してはお分かりだと思いますが、先が見えない状態で時間やお金、エネルギーを投下して勝負をかけるのは、マーケティング的にはあまり賢い戦略ではないからです。
 

個人ビジネスをやっている人やブランディングを考えている社長が、今やるべきことは将来に向けての準備をコツコツとすることです。

コロナ収束後の不安を無くしてもらうというか、コロナが収束してもしなくても、迎えるべき新しい社会や時代にしっかり適応して勝ちにいけるための準備を他の人よりも早くするということですね。
 

とはいえ、すでにビジネスを走らせている人であれば、マーケティングを工夫することによってコロナ禍でも数字を大きく伸ばすこともできるというのも1つの視点です。

というよりかは、今つながっているお客さんをコロナ禍、あるいはコロナ収束後にどのようにサポートいくかの方が、マーケティング的には重要なポイントなので、そういったヒントを得るために参加していただいても良いかなと思います。

冒頭でお伝えした「マーケティングの定義」の話ですね。
 

僕もそういった視点でこの時期のマーケティングをしているので、有象無象のお客さんを集めるつもりはないですし、だからこそ感情を刺激するような煽り要素を極力排除したりスクリーニングをきつめにしていたりするんですね。

なので、「うおー!やるぞー!」という気持ちも大事なんですが、どちらかと言うと、一度冷静になって「ふむふむなるほど、これはちょっと将来に向けてしっかりマーケティングを学んでおくか」という「ココロはHOTでアタマはCOOL」な方に参加していただければ幸いです。


ソロ・マーケティング部(第4期:サブスク部員)

ソロ・マーケティング部に入部ご希望の方は、下記のフォームから登録をしてください。折り返しメールが届きます。

ソロ・マーケティング部に入部する

※登録後、数時間経ってもメールが届かない場合はTwitterFacebookにDMをください

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

オススメの記事

  1. 稼ぎたい
  2. ブロガー
  3. Twitter
  4. コンサルタント

最近の記事

  1. 目標と行動
  2. twitter
  3. 起業と撤退
  4. コロナ
  5. コロナ

服部のアタマの中

  1. マーケティング

    マーケティング

    マーケティングがあらゆる人間関係を解決する理由
  2. ブログライティング

    ブログ集客

    ブログの執筆スピードが遅いことはとてもスバラシイことです
  3. ポジショニング

    SNSマーケティング

    炎上によって強化された第3のポジショニング
  4. キングコング 西野亮廣

    つぶやき・仕事術

    キングコング西野くんからの衝撃的なお届け物(えんとつ町のプぺルの原画)について
  5. SNS

    マーケティング

    SNSで影響力がない人間はビジネスで勝てないのか?
PAGE TOP