ソロ・マーケティング部

こんにちは、『ソロ・マーケティング部』部長の服部です。

先日、Twitterを見ていたら、フォロワー1万人超のブロガーが「月商100万円を超えました!」と1ヶ月の収益報告をしていました。

それを見て、僕は「え!?」となったんですね。
 

「1万人もフォロワーがいてそれだけしか稼げないの?しかも“月商”(最終の利益がどのくらい残っているのかは不明)で?」
 

と、別に批判したいわけではなく、純粋に衝撃でした。

見る限り、ツイートはたくさんの人にRTされ、多くのいいねが付き、有名なインフルエンサーとも絡んでいて、かなり影響力はある感じだったので、フォロワー数の数百倍の月収くらいは稼いでいるのかなと思っていたので。

イヤミでもなんでもなく、真っ当なビジネスをしていればそれくらいが目安かなと。

しかし、稼げていないわけです。
 

なぜそこまでの影響力を持ってしても、それだけしか稼げないのか?
 

まぁ、わざわざ改めて考える必要もないんですが、要するに「商売が下手」ということに尽きるわけです。

で、「商売が下手=マーケティングが下手」ということなんですね。
 

これは、ブロガーだからという話ではなく、コンサルタントであっても、カウンセラーであっても、アフィリエイターであっても、物販をしている人であっても、デザイナーであっても、ミュージシャンであっても同じことです。

要は、「アフィリエイトの稼ぎ方」とか「フォロワーの増やし方」とか「Amazon集客法」といった小手先のテクニックを学んだところで、どれだけ良い商品やサービスがあってもマーケティングが下手であれば何ともならないんですね。
 

そこで思ったわけです。

影響力があって一見売れてそうな人が、実際のところは稼げていないのであれば、「商売が下手」つまり「マーケティングが下手」で苦しんでいる人はクサるほどいるんだろうなと。
 

ただ、普段から取り組んでいないことや意識していないこと、あるいはジャンルが違うことであれば下手なのは当たり前で。

僕も例外ではなく、例えば、投資は下手ですしデザインも下手です。

で、自分が下手だと思っていることは、これからがんばって習得するか、外注してしまうかの二択しかないわけですね。
 

じゃぁ、前者の方のために気軽に入部できて、初心者〜中級者までマーケティングをとことん学べる「マーケティング部」をつくろうと考えたわけです。

もちろん、後者の場合でも、指示や指摘、質問などができない状態で外注するより、最低限のことはの理解ができている方が良いじゃないですか。
 


ソロ・マーケティング部

ソロ・マーケティング部に入部ご希望の方は、下記のフォームから登録をしてください。折り返し決済のメールが届きます。

ソロ・マーケティング部に入部する

マーケティングと人

マーケティングの定義というのは諸説ありますが、基本的には「優良顧客だけを継続的に獲得する仕組み」と理解していただければOKです。

優良顧客というのは見込み客、新規客、リピーター、ロイヤルカスタマー、VIP全てです。

つまり、見込み客の段階から良い関係性を築き、購入後もその関係性を継続し、さらにその関係性を強固なものにしていくということですね。
 

マーケティングというと、まだまだ統計やリサーチ、宣伝広告のイメージを持たれがちですが、それはただの一環であり本質ではありません。

むしろ、良い関係性を構築していくわけですから、商売はもちろんですが、ストレスのない人生を生きていく上で、多くの人が必要とする知識でありスキルであるということは言うまでもなく。

極端にシンプルに言うと、好きなお客さんとだけ末長く商売ができるように、こちらも好きになってもらえるように人の気持ちを考えて商売しましょうね、というのがマーケティングの基本だということです。

「マーケティングを極める」とは?

ビジネスだけではなく、人生も豊かにできる知識、スキルなわけですから、そんなマーケティングをとことん学びたくなりますよね。

ただ、冒頭のコピーで「マーケを極めて、稼ぐ」と書いていますが、何もマーケティングの達人になりましょうというわけではなく。
 

ビジネスをする上で「ここまでマーケティングを理解して実践できればお金に困ることはない」というラインがあるので、その最低ラインまではいきましょうということです。

そこから先、さらに利益を伸ばすためにマーケティングオタクになったり、高みを目指してマーケティングの指導者になったりするのは、個々の探究心や好奇心次第で。

マーケティングを極めようと思うと、科学、心理学(マインドコントロール)といった範囲まで学ぶ必要が出てきますし、さらにはデザインや哲学といった範囲にまで及びますからね。
 

そこまでいかなくても、情報発信ビジネスをするにしろ、物販をするにしろ、最低限のマーケティングの知識とスキルの習得というのは必須です。

自分が「この人だ!」と思った人と良い関係性を築くためにも。

ソロ・マーケティング部

今回は、ビジネスや職種は一切問いませんが、基本的には「1人(ソロ)で稼いで生きていきたい」という方が対象になります。

組織化せずパートナーとの協業をメインに、人や在庫を極力抱えずにビジネスをしていきたい「初心者〜中級者」ということですね。

もちろん、社内マーケティングをしてサラリーマンとしてのキャリアと収入を上げていきたいという方も、“スペシャルゲスト”を読んでいるのでバッチリ学べると思います。
 

いつも企画をオファーするとハードルが高くなってしまい「初心者でも大丈夫ですか?」と毎回聞かれるので、たまにはこういったコンセプトも良いかなと。

もちろん、レベルの高いマーケティングの領域にも入っていくので、上級者の方やすでに稼いでいる方も遠慮なく入部していただければ。
 

というのも、マーケティングを学んでいなくても稼げている方というのはけっこういて、そういう方は自分のやっていることを説明できないだけで、感覚的にかなり高度なマーケティングができちゃってるんですね。

めちゃくちゃ売る営業マンや販売員も例外ではなく、彼らはセールススキルが長けていると思われがちですが、長期的に数字を挙げられる営業マンや販売員は、総じて高度なマーケティングスキルを持っているということです。

そういった方が論理的にマーケティングを理解して、計画的にPDCAが回せるようになるとかなり最強になるので、ぜひ入部していただきただきたいですね。

ストレスがない関係性で商売を

マーケティングを理解して実践できるようになれば、インフルエンサーに依存したり売名したりする必要もなく、もっと言うとSNSにすら依存せずに、1人で稼いで生きていくことが可能になります。

センスや人脈、キャラといった、他者に心臓を握られたり、確実性の低い手法に依存する必要が無くなるということですね。

それは、オンライン、オフライン関係なく。
 

なぜなら、お客さんとの関係性が築けていれば、何が欲しいか(何に困っているか、もっとどうなりたいか)をお客さんが教えてくれるので、あとはそれをつくって「お待たせしました」と目の前に差し出せば良いだけだからです。

お客さんは必要のないものを押し売りされることはありませんし、販売者側も「来月はどうやって稼ごう?」「これは売れるかな?」と不安になることも無くなり、お互いノンストレスでビジネスができるわけですから、そんな素晴らしいことはないですよね。

ぜひ、あなたのビジネスと人生のためにマーケティング力を手に入れてください。

ソロ・マーケティング部概要

ソロ・マーケティング部の運営形式について。

カリキュラムの配信

Contents Creators Club の一部のコンテンツ(集客〜プロモーション〜マネタイズ)を含む、WEBマーケティングの基礎知識〜実践フレームワークまでを配信していきます。

ソロ・マーケティング部開始後アンケートを実施し、要望がありましたらメルマガ戦略、Twitter戦略、note戦略なども随時追加していきます。

個別アドバイス

カリキュラムとは別に個別でアドバイスをします。

どの段階で質問をしていただいても良いので、考えていることや進めようとしていることが「これであっているかのか?」と不安な方は、随時、質問や相談をしてください。

ソロ・マーケティング部の運営場所

ソロ・マーケティング部はFacebookグループを使い、オンラインサロン形式で運営します。

Facebookアカウントをお持ちでない方はアカウントの開設を済ませておいてください。

また、ニックネームを使用されている方や、プロフィール画像に他者の著作物を使用されている方の入部はお断りさせていただく場合があります。

ソロ・マーケティング部の開始時期

2018年12月15日(土)の21時頃を予定しています。

※変更がある場合はメールでアナウンスさせていだだきます

勉強会&オフ会の実施

マーケティング熱が盛り上がってきたら、ゲストを呼んでオフラインでの勉強会やオフ会もしましょう。

部員にみなさんに喜ばれ得るような方たちにはすでに声をかけていますので。

スペシャルゲスト

第1期の特典として、情報発信やマーケティングのスキルが抜群に優れているスペシャルゲストを呼ぶことにしました。

今決まっているのはスーパーエリートサラリーマンのてっぺ(@teppesmn)さんと、謎多き一流インフォプレナーの元情報商材屋(@shozaiya)さんです。

そこら辺のインフルエンサーとは比べものにならない、彼らの本質をついた言動やユニークな発信に唸っている人も多いんじゃないでしょうか。

ぜひ楽しみにしていてください。

スペシャルゲストからの挨拶&ソロ・マーケティングの重要性についての見解は最後項目にて。

ソロ・マーケティング部の入部要項

ソロ・マーケティング部の入部要項や注意事項について。

入部費用

通常のオンラインサロンのように入部費は月額ではいただきません。

第1期メンバーに限り、57,000円(税込)永久部員とさせていただきます。

月額1万円として年会費10万円はいただきたいところなんですが、今回は初心者〜中級者向けということでこのカタチを取りました。

もちろん、永久部員であることも、この価格も第1期メンバーだけなので、ビジネスやマーケティングの駆け込み寺の切符として持っておいていただければなと。

お支払い方法

クレジットカード(PayPal)にて決済をしていただきます。

銀行振込を希望の方は申し込みから3日以内に指定の口座へお支払いください。

強制退会について

あくまでコミュニティになりますので、他の部員へ迷惑行為を行なっていると判断した場合は強制退会の対応を取らせてさせていただきます。

青春をもう一度

ちょっと裏話をすると、入部費に関してはけっこう悩んだんですよ。

初心者〜中級者向けとはいえ安すぎるかなと思ったんですが、まぁ、マーケティングの楽しさを知ってもらって、もっと学びたい人やマーケティングを専門として仕事をしたい人が、僕のパートナーになってくれれば色々仕事も任せられるし、そうなったら楽しそうだなと思って今回の価格にしたんですね。

僕の人生40周年記念ということなので、目先の儲けよりも、これからもっと楽しくビジネスをすることを優先したわけです。

それもあって「ソロ・マーケティング部」っていうダサおもしろいコンセプトにしたんですよ。
 

ちなみに、会社の「部」じゃなくて、部活の「部」です。

主催者と参加者というより、日本の個人ビジネスのマーケティングを盛り上げる部長と部員による部活動とかおもしろいじゃないですか。

いつか部長が替わっても良いですしね。
 

ということで、『ソロ・マーケティング部』部長の服部として部活動に精を出していきたいので、部内では「部長」と読んでいただければと思います。

あ、副部長も任命したいし、カワイイ女子マネージャーとかも欲しいところですね。
 

あぁ、青春。

歳を取ると青春を求めるようになるんですかね。
 

という一部の冗談はさておき、楽しんでマーケティングを学べる場所、学び続けられる場所、こういったことを楽しいと感じられる人が集まる場所ってなかなか無いと思います。

買い切りで、半永久的に、今までのマーケティングとこれからのマーケティングを、信用できる人間と、楽しい仲間と一緒に学べる場所を探していたという人の入部をお待ちしています。
 


ソロ・マーケティング部

ソロ・マーケティング部に入部ご希望の方は、下記のフォームから登録をしてください。折り返し決済のメールが届きます。

ソロ・マーケティング部に入部する

追記:ゲスト紹介

特にお願いしたわけではないんですが、ゲスト参加をオファーした際に、元情報商材屋さんとてっぺさんとグループチャットをしていたら、

元情報商材屋さん
僕らからもソロ・マーケティングの重要性について伝えておいた方が良いお(´⊙ω⊙`)
てっぺさん
ビジネスマンスキルはソロ・マーケティングに通じるところがあるので僕も書きまーす!
ハットリ
お、それめっちゃ良いっすね!ぜひお願いします!

 
というやりとりになって書いてもらったんですが、さすが仕事ができる人たちはこちらが何も言わなくてもガンガン提案してくれます。

というわけで、読み物としても価値があるのと思うのでぜひ一読を。
 

ちなみに、僕がこの2人を正式なレギュラーメンバーとしてではなく「ゲスト(単発契約)」というカタチを取ったのには理由があって。

それは、あくまでビジネスなので、お互い楽しくも緊張感を持ってやるためです。

お互いや部員にとって相乗効果やメリットがあるのであれば関係を継続するし、そうでなければ離れるということを前提としているからです。
 

それくらい質と成果を求めたいということですね。

なぜこの2人を選んだのかに関しては、またソロ・マーケティング部の部室の方で…。

まぁ、彼らの情報発信やマーケティングのレベルを見れば、フォロワー数やツイート数、顔出し、本名の是非など一切関係無いことはわかると思いますが。
 

ということで、まずはてっぺさんから。

こんにちは、てっぺ (@teppesmn) です。

この度は『ソロ・マーケティング部』の第 1 期ゲストとして参加させて頂くことになりました。
初期メンバーというプレッシャーと供に、ソロ・マーケティング部の活動を通して「自分がどう成長できるのだろうか」という得体のしれない期待も感じています。
ゲストでの立場ですが、メンバーの皆さんの成長のお手伝いはもちろん、それと同時に私自身も活動を楽しみ、そして成長の糧へと繋げていきたいと考えています。

服部さん・元情報商材屋さんと違い、私は唯一の現役サラリーマン枠ということもあり、主に副業・キャリアの話題を担当させて頂く予定です。

ソロ・マーケティング部の定義「優良顧客だけを継続的に獲得する仕組み」はサラリーマンの場合は「社内のマネジメント層から信頼を獲得し続ける仕組み」と言い換えることができます。

““お客さんとの関係性が築けていれば、何が欲しいか(何に困っているか、もっとどうなりたいか)をお客さんが教えてくれるので、あとはそれをつくって「お待たせしました」と目の前に差し出せば良いだけ””

上記をサラリーマンの業務に置き換えてみましょう。

・社内の有権者たちと信頼関係が築けていれば
・困りごとは真っ先に自分に相談してくれるようになり
・相談の解決するお手伝いすることで
・更に信頼度が上がり、また次回も相談され
・口コミで他者へ自分の存在が伝わる

放っておいても優良な仕事が勝手に降ってくる仕組みが出来上がります。
「困ったらてっぺさんに相談しよう!」と連想してもらうわけです。
またこのルーティンを回せば回すほど人間関係の輪が広がっていき『自身の業務遂行難易度も下がっていく』と良いことづくめです。

マーケティングというと、インターネットやSNSの発信をイメージしがちですが、『自分の信頼・価値を高めていく社内セルフブランディング』もマーケティングの一種と言えるのではないでしょうか。

ソロ・マーケティング部では、上記のような仕事を円滑に進める上でのセルフブランディング手法以外にも、タイムマネジメント・対人マネジメントのコツなども併せて伝えていけたらと思います。

ソロ・マーケティング部の活動を通して、みなさんと一緒に成長できたらと思います。
一緒にがんばりましょう!
 

<プロフィール>

ブログ:ボクと投資と借金と。

Twitter:https://twitter.com/teppesmn

インタビュー記事①:時間も服装も自由で年収800万超えのエリートサラリーマン「てっぺさん」はなぜブログで副業するのか?聞いて来た

インタビュー記事②:『本業を続ける意味って何?』本業でも副業でも成功しているマクリンさんとてっぺさんに色々聞いてきた

 
そして、元情報商材屋さんの「マーケティング論」こちら

「マーケティングとはなにか?」

この問いに100点満点を出せる人は少ないのではないでしょうか?

もちろん僕(元情報商材屋:@shozaiya)だってその答えは出ません。

ただ「なんでその答えが出ないんだろう?」と考えたときに、1つの原因として「マーケティングは時代や時と場所に合わせて変化するから」という考えが頭に浮かびました。
 

一言に「マーケティング」といっても、その答え・戦略・手法・種類・ノウハウは多く存在しますよね。

・ソーシャルメディア・マーケティング
・ロイヤルティ・マーケティング
・パーミッション・マーケティング
・インバウンド・マーケティング
・ダイレクト・レスポンス・マーケティング

などなど、ザッと挙げただけでこれだけ存在するんです。

覚えられるわけがありません。
 

だからここで重要なのは、どういったマーケティングの種類があるのか?どんな手法が存在するのか?を学ぶのではなく最初に、

・どのマーケティング手法が自分(商品・サービス)に適しているか?

を学ぶ事が、100点の答えに近づけるヒントだと思うのです。
 

例えば「コンテンツマーケティング」というものが存在します。

コンテンツマーケティングというのは、

①:将来商品を買う可能性がある人を集める
②:その読者に価値あるコンテンツを届ける
③:発信を通してニーズを探り商品の購入を目指す
④:最終的には継続的な優良顧客への定着を目指す

この1~4の工程で進めるマーケティング手法の1つです。

このコンテンツマーケティング1つとっても、その「実践する場所」で戦い方は大きく変わってくるんです。
 

たとえばブログであれば①に力を入れやすく、④には適していないと言われています。理由としてはブログなどは一方的に発信する場なので集客には向いていますが、固定客にはなりにくい傾向があるからです。

一方メルマガであれば①には不向きですが、②と④では大きな力を発揮します。読者に登録してもらうというワンアクションを起こしてもらっているので「価値あるコンテンツ」を届けた時に見てもらいやすい性質を持っているからです。なので継続的な購入にも繋がりやすいです。

このように1つのマーケティング手法をとっても、コンテンツや環境、実戦場所によってその戦い方と戦略はガラッと変わるんです。
 

ピンとこない方の為に僕の実体験を1つ。

過去に運営サイトの1つで、あるサービスの紹介記事を掲載しました。

非常に素晴らしいサービスでしたし、記事も丁寧に作り込んだので「きっと大きな反応が取れる」と意気込んで臨みました。
 

しかし……結果はイマイチ。

成約はするのですが、素晴らしいサービスだという事を考えると物足りない数字でした。
 

反応率を高めるためにサイト記事の紹介方法を変えてもよかったのですが、その前に1つ実験をすることにしました。実験と言っても至って単純。

「その記事の内容を分割してメルマガにして流す」

というものでした。
 

集客方法などは変わってきますが、基本的なサービスは同じものを紹介したまま。伝えている内容もほぼ変わりはありません。メルマガ用に直した文章を単純に数日に分けて流しただけです。

特別なことは一切加えていません。


ですが結果は大きく変わりました。

みるみると成約率が上がっていました。

二度目になりますが、同じサービスを同じ内容で紹介しています。それでも成約率は格段に跳ね上がったんです。

ここには、いったいどんな違いがあったと思いますか?
 

答えはひとつ。

それは「適したマーケティング手法を利用した」からです。

今回の紹介したサービスは少し内容が複雑で、多く解説を要するものでした。そのため記事で書いた文字数はゆうに2万文字超え。

そのため従来のマーケティング手法では集客はできても、その後の販売方法で躓いてしまっていたんです。なので、別の戦略(ワントゥワン・マーケティング)に切り替えてることで成約率をあげました。

具体的な数字は言えませんが、戦略変更前と変更後では余裕で7桁の金額は変わっています。
 

「本当にそんなマーケティング手法1つで変わるのか?」

と疑う気持ちもよく分かります。

しかし実際にそのサービスの利用者の中には、サイト記事では契約せずにメルマガ経由では契約をされた方も多くいました。

契約後のアンケートで「なぜサイト記事では契約をされずにメルマガでは契約をしたんですか?」と聞いた際には、

「確かに記事でご紹介されたときに素晴らしいサービスだと思ったのですが、いっぺんに解説されていたので情報量が多く私の脳ではパンクしてしまいました・・。正直読み飛ばしてしまった所も多くあります・・。

でもメルマガでは毎日少しずつ解説されていたので、大切な情報をしっかりと受け取ることができ、本当に自分に必要なものだと判断することができ契約にいたりました。」

こんな言葉を頂きました。
 

このように同じ商品、同じサービスを売るにしても「集客方法」「紹介方法」「売り方」などを変えていく…

つまりマーケティング戦略を適したものに変えることで、結果が劇的に変化することは多くあります。

・自社サイトでどれだけ宣伝しても売れなかった商品が、数名の主婦ブロガーに紹介してもらう事で売上が飛躍的に伸びた

・コンテンツマーケティングで集客を行なっていたが、別のマーケティング戦略を確立して2年間で売り上げを3倍にした会社

・ユニークな情報をSNSで発信して、その後そのジャンル会社では大きな知名度を持つことに成功。販売した商品はSNSで拡散されるようになる

このような成功事例をあげるとキリがありません。
 

ただ、これらの事例には共通部分があります。

それは商品の素晴らしさで成功したわけはない、ということ。

全てマーケティング力で成果を出しているんです。
 

誤解が生まれないように補足しますが、上でご紹介した成功事例はどれも素晴らしい商品があってのこと。そこは間違いありません。

しかし、どんなに素晴らしい商品を作っても、それが売れる保証はどこにもありません。素晴らしい商品・サービスを作ったのであれば、それを多くの人に見てもらうための「マーケティング知識」を身につけるのも、また大切なんです。
 

ただ「マーケティング知識」と言っても、それをどうやって身につければいいのかが分からない…という思う方も沢山いると思います。自分に合ったマーケティング知識ならば尚更ですよね。

安心してください。今回そんな不安を抱える方達の為に「マーケティング知識」を勉強できる&蓄える場を服部氏が用意してくれました。
 

名称は「ソロ・マーケティング部」

1人で集客をして、1人で戦う力を身に付ける……部です。

聞いただけでワクワクしますよね。

名前もあえて流行りの「〇〇サロン」という表現をせずに、部活動の「〇〇部」と表現している所がまた服部氏らしいですよね。

「部活動みたいに皆んなでワイワイとやっていく」

こんな服部氏の想いがヒシヒシと伝わってきます。

そんな「ソロ・マーケティング部」の第1回ゲストとして、てっぺ氏(@teppesmn) と共に僕が(@shozaiya)参加させていただく事になりました。
 

僕は普段こういったコミュニティやグループみたいなものには興味がなく参加しない派なのですが、信用ある服部氏とてっぺ氏と一緒に進められるとの事なので二つ返事でゲスト参加を決めました。

元情報商材屋という名前の通り、服部氏やてっぺ氏とは全く違う道を歩き、そして全く別の戦略(マーケティング)で戦ってきました。だからこそ僕だけ、僕にしかできない戦略も持ち合わせています。

今回は培ってきた経験、戦い抜いてきた戦略をソロ・マーケティング部の参加者様には余すことなくお伝えしていきます。宜しくお願いします。

「マーケティングとは何か?」

現時点でこの問いに僕は100点を出せません。しかし今回の「ソロ・マーケティング部」では、その答えが見つかる。そんな予感がしています。

元情報商材屋

 
ソロ・マーケティング部第1期への入部はこちらから。


ソロ・マーケティング部

ソロ・マーケティング部に入部ご希望の方は、下記のフォームから登録をしてください。折り返し決済のメールが届きます。

ソロ・マーケティング部に入部する

オンラインサロン

ccc

定期購読マガジン

note

人気記事

  1. 起業
  2. イケダハヤト

最新記事

  1. Twitterのフォロワーは人間だということをお忘れなく
  2. ビジネスで成功する人はみんな『人格者』なのか?
  3. 計画的に生きるべきか?今を精一杯生きるべきか?の最適解
  4. 集客ができない理由は「ビジネスの選定ミス」と「商品(サービス…
  5. すぐに「〇〇はオワコン」発言をする人はお客さんとコンテンツに…

服部のアタマの中

  1. 稼ぎたい

    コンサルティング

    やりたい仕事や好きな仕事を見つけるより「稼ぎたい金額」を先に決めた方が全て上手く…
  2. モンパチフェス

    ブログ集客

    情報発信やコンテンツの尖らせ方はモンパチフェスから学べ
  3. コンサル

    集客・マーケティング

    マーケティングとはクソの役にも立たないプロ意識や知識欲を捨て去ることである
  4. コンサル

    コンサルティング

    個人コンサルにおいては「半年契約」とか「年間契約」とか99%必要ありません
  5. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Pant1 ~コンサル系~
PAGE TOP