レイプ

つぶやき・仕事術

平和ボケ自己中人間だから、平気で「普通は最初にレイプされないでしょ?」とかアホなことを言っちゃう

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

下記の記事が1日で10万人以上に読まれましたが、特に狙ったわけでもなく。

 
そもそも半年くらい前に書いた過去記事ですしね。

まぁ、SNSでちょっとニーズが見えたこともあってリライトして再シェアしたら全てのSNSでバズりました。
 

で、記事の内容はどうかというと、特に大したことは書いていません(笑)

タモリさんの話が深いということと、それに対して僕はこう思いました、というだけのむしろ日記に近い記事です。

たぶん、10分くらいで書いた記事だったと思います。
 

ただ、手抜きの記事かというとそういうわけではなく、ちゃんと一生懸命書きました。

というのも、僕はブログを書くときはだいたい右脳記事と左脳記事に分かれるんですね。

右脳記事と左脳記事とは?

右脳記事というのは、上記の記事のように思ったことを直感に任せてひたすら書いていく感じです。

感情的に書くというふうにも言えるかもしれませんね。

で、後からタイトルや小見出しをつけていきます。
 

なぜか、Newspicksでも取り上げてもらいましたが、本来はそんな場所にはそぐわない記事なんです(笑)

他の記事を見ても論理的な左脳記事ばっかりでしょう?
 

左脳記事というのは、ちゃんと論理的に組み立てて情報やノウハウをキッチリと書く感じです。

タイトルや小見出しとかが先にできるイメージですね。

まさにNewspicksに並んでいるような記事がそうです。
 

書き始めはだいたいどっちとも決まっていなくて、書いていくうちにだだんと偏っていきます。

最終的にできあがった記事がミックスされた記事になることも少なくありません。

仕事につながるブログは右脳3割、左脳7割

僕は、コンサルタントという仕事上、左脳記事を量産していくことが本領なわけですし、そういう記事が元となって仕事につながります。

ブログでは実際そういう記事が7割を占めています。

ただ、右脳的な記事の方が刺さりやすいですし、人間らしい面がモロに出るのでそういった記事が仕事を依頼しようか迷っている人の背中を最後にグッと押すことも多いです。
 

バズりやすいのも、やはり感情的な右脳記事ですが、僕はその辺の記事は苦手ですし、プロブロガーではないのでそこは狙っていません。

狭く深くニーズの深いアクセスが集まれば良いので。
 

なので、コンサル系の仕事をしている人は、右脳記事3割、左脳記事7割というようなバランスで書くと仕事につながりやすいと思いますよ。

ノウハウがメインだけど、パーソナルや感情論もちょいちょい入れていくと。
 
また、そうすることでアドセンス収益も安定するので、記事をお金に換えることもできます。

右脳記事への批判は時間のムダ

以上で左脳記事は終わりです。

が、せっかくなので右脳をミックスして書き続けます。
 

さて、読んでもらえればすぐわかると思いますが、上記のタモリさんの記事は、ほぼほぼ右脳記事だったわけです。

ただ自分の想いを綴っていっただけと言いますか。

小見出しを無理やり入れたことによって、ややまとまりがあるようには見せかけましたけど(笑)

 
で、感情的に書いた右脳記事なので「ふーんそうなんだー」で終わればいいんですが、アクセスが大量に集まってくると、どうしても批判的なコメントも多少集まってきます。
 

頭の良い人が揃ってそうなNewspicksの中でさえ、民度の低い批判コメントが並びます。

「この著者は視野狭窄だ」
「意味わからん」
「しょうもない」
「思考停止してる」
「閲覧数稼ぎやがって」

とか、いろいろコメントが入ってくるわけですが、みんな時間のもったいないことをしてますよね。

何も考えずに批判するだけして「私ならこう思う」っていう代替案すらないので、そんな稚拙なコメントをしても議論にもなりません。

何の利益も生まないので、コメントを書く方も読む方も時間の無駄ですよね。
 

そもそも感情的な記事とか放っておけば良いのに。
 

感情的に書かれた記事だということすらもわからず、しかも、何百ある記事の中のたった1つの記事だけで安易に他人の思考性を判断してしまうとか、あんたの方が視野狭窄で思考停止ですよって話です。

「閲覧数稼ぎやがって」とか、「は?僕、あなたになんか何か悪いことしました?」ってなります(笑)

もうただの嫉妬じゃないですか。

レイプされたんですよ

極み付けはこれですね。

こういったコメントはホンマにアホだと思います。

Newspics

 
えーっと、
 

昔つきあっていた彼女がレイプされたことがありました。泣きながら「今すぐ会いたい、、、」と電話がかかってきてので、猛スピードで車を飛ばして彼女に会いにいったら、泥だらけで、傷だらけで、服もボロボロなっていた彼女に泣きつかれました。

その時は相手の男を本気で殺してやろうと思いました。

当事者からすれば、正しいとか正しくないとか、正当化されるとか正当化されないとかどうでも良いんです。

それが人間の心の正しい動きなんです。

だから僕は、タモリさんのこの話の内容に強く共感してこの記事を思うがままに書きました。
 

っていうことなんですよ。
 

今の時代、レイプとか簡単にされてますよ。

あなたにとっての「普通」は誰かにとっては普通じゃない「非日常」なんですよ。

感情的な記事に乗り込んで来た上に、なぜタモリさんがこういう話をしているのか、なぜこの記事の執筆者が共感しているのかも見えない。

で、

「普通最初にレイプしないでしょ?」

ん?

自分の賢さを提示したいのかどうか知らないですが、やっぱりこういう平和ボケしている人が戦わずにキレイゴトばっかり並べるってことですね。

薄っぺらい人間はやっぱり発言も薄っぺらいです。

 
この人は、自分の大事な人がレイプされて泣いていたら、

「いやいや、いきなりレイプとかされないでしょ〜」

とか言って、放ったらかしてどっか行くんですかね。

 
ニュースの表層だけを見て、

「いやいや、いきなり中国は攻めてこないでしょ〜」

とか言って胡座かいてるんですかね。
 

そういう平和ボケの人にはこの本をオススメします。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  2. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  3. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  4. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  5. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由

関連記事

  1. つぶやき・仕事術

    被害者の心をえぐっているのは「このコトバ」だということに気づいていない大人たち

    こんにちは、服部です、高畑裕太容疑者の話題で頻繁に使われている…

  2. 2016

    つぶやき・仕事術

    2016年に良く読まれた劇薬ブログ記事10選+オマケ

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。2016年、良く読…

  3. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part3 ~マーケティング系~

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕のビジネスモデル…

  4. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕のビジネスモデル…

  5. 名刺

    つぶやき・仕事術

    名刺ファイルで脳の引き出しを見える化する方法

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。最近ある本を読んで…

オンラインサロン

無料メール講座

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. 批判
  2. ブログアイキャッチ
  3. サイコパス
  4. オンラインサロン

最新記事

  1. YouTubeは未来のお客さんに「視聴覚情報」という安心を提…
  2. これでライティングスキルがアップしなければブログはあきらめて…
  3. ブログを書くモチベーションが下がったときにやるべきこと
  4. 【ブログ4.0】消費されないための“隠れ家”式ブログ(情報発…
  5. 弱者の「アップデート式」ブログ生存戦略

服部のアタマの中

  1. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~
  2. ウソはバレる

    経営・ビジネス

    あなたのビジネス(商品やサービス)がホンモノかどうかはすでにお客さんにバレている…
  3. パワースポット

    つぶやき・仕事術

    起業家のための売上があがるパワースポットの巡り方
  4. Twitter

    SNSマーケティング

    独自のポジションを獲得したければTwitterのブックマーク機能を使い倒せ
  5. WELQ

    経営・ビジネス

    DeNAのWELQ騒動から学ぶべきマイビジネスの”Xデー”対策
PAGE TOP