つぶやき・仕事術




被害者の心をえぐっているのは「このコトバ」だということに気づいていない大人たち

こんにちは、服部です、

高畑裕太容疑者の話題で頻繁に使われている「セカンドレイプ」という胸くそ悪い言葉。

この記事の中でもアホが連呼していますよね。

今回の記事は、高畑裕太ネタでアクセスを集めることが目的ではないのでこの胸くそ悪い言葉はこの記事では二度と使いません。

そうですね、、、

これ以降、この胸くそ悪い言葉の代替えとして「このコトバ」と呼びます。
 

記事の内容は別に良いですよ。

(まぁ、いろいろ情報収集してみると勝部元気という人の異常性は垣間見えるので記事内容自体も薄っぺらく感じますが。)

ですが、被害者のことを本当に考えているなら「このコトバ」を連呼するなよという話。

テメーが被害者の心をえぐる言葉を使って被害者の精神状態を不安定にさせてるんやろと。

言葉の力というのはやはり恐ろしくて、選んで使うその言葉によって、そして、それを何度も反復することによって被害者は多大なダメージを受けてしまいます。

今回でいうと、「このコトバ」というのは直訳すると「2度目の強姦」になるわけですが、もう意味がおかしくなってますよね?
 

他の人がどうかはわかりませんが、僕は最初「このコトバ」の意味がわからず

「何でまた同じ人が犯されるのか?」

と疑問を持ち、「そんなわけねーよな」と思い、「このコトバ」の意味を調べました。

対訳は性的二次被害

でも、意味は精神的なダメージや心理的社会的ダメージとなっているわけです。

それで良いじゃないですか?

「精神的ダメージ」で良くないですか?

何で「もう1回犯される」と訳される胸くそ悪い「このコトバ」を使うんですか?

被害者のことを考えたら、「このコトバ」を連呼する方が精神的ダメージを増やすと思うんですよね。

心をえぐると思うんですよ。

めちゃくちゃキツいと思うんですよ。

「彼女はメディアに犯されてる」
「彼女はマスコミに犯されてる」
「彼女は警察に犯されている」
「彼女は何度も何度も犯されている」

って言っているわけじゃないですか。

いやいやいや、全く犯されてないから。

もし、僕が被害者の近しい人だったら

「今も犯されてるように感じてしまうから二度とそのコトバを使わないでくれ」

と言います。
 

メディアでアホコメンテーターとかが

「日本はアメリカにレイプされている!」

とか言ったりしていますが、あれも全く同じことが言えますよね。

最悪な発言でしかありません。

完全に使い方間違ってるじゃないですか。

言葉のあやでは済まないし過激な発言でも済まないでしょう。
 

大人になるにつれて一つの言葉に対して想像もしなくなるし、疑問も持たなくなるし定義することもなくなります。

例えば、「成功」という言葉一つとっても小学生に聞けばいろんな答えが返ってきますが、大人に「成功」と言えば?と聞いても「お金」くらいしか返ってこないでしょう。

マインドコントロールされているので。

自分の中の「成功」の定義がないんですよ。

なので、周りが決めた「成功」の定義に執着し、一喜一憂したり卑下したりするわけです。
 

あなたが使ってるその言葉、みんなが使ってるからとか、便利だからとか、流行ってるからだとか、通称だからとかで使ってませんか?

あるいは、勝手に縁がない言葉だと決めつけてシャットアウトしてませんか?

言葉の選び方一つで、自分も他人も傷つけることにもなりますし、逆に救うことにもなります。

一つの言葉に対して考えたり、想像したり疑問を持ったり、自分なりに定義してみたり受け取る相手のことを考えてみたりということを大人だからこそやっていきましょうよ。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備⑤:ワードプレスのインストールと記事の投…
  2. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  3. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  4. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  5. ステップメールの7通目:予告とオファー

関連記事

  1. alone

    つぶやき・仕事術

    二度と戻って来れなくなる前に

    こんにちは、服部です。起業してからつまづいているスタートアップ…

  2. time

    つぶやき・仕事術

    10,000時間よりも3,333時間

    こんにちは服部です。よく語られる法則に、「どんなことでも10,…

  3. コンテンツ

    つぶやき・仕事術

    後から「これは有料級の価値があるんです」とか言うくらいなら最初から有料で売れよ

    こんにちは、服部です。今では無料のコンテンツを出してメルマガ登…

  4. baby

    つぶやき・仕事術

    子どもには20歳になるまでに親の年収は超えてもらう

    こんにちは、服部です。20代はいろんな経験をし30代で…

  5. サラリーマン

    つぶやき・仕事術

    そろそろ一周回って起業家ではなく「スーパーサラリーマン」が輝く時代に

    こんにちは、服部です。起業ブームもあってか、猫も杓子も「好きな…

  6. エクスマ

    つぶやき・仕事術

    名指しでの批判を批判する人たちへ

    こんにちは、服部です。名指しで批判記事を書くと、僕に直接言って…

無料メール講座

ncs

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. note
  2. タモリ
  3. ゴミ記事
  4. マインドセット
  5. books

最新記事

  1. コンサル視点で見る『脱社畜サロン』騒動の激ヤバポイント
  2. ZOZOの前澤社長から100万円以上のリターンをもらえる人と…
  3. 誰も知らないオンラインサロンのオイシイ使い方
  4. ブログにおける「初心者は100記事書け!」の正しい実践の仕方…
  5. 炎上によって強化された第3のポジショニング

服部のアタマの中

  1. 教科書

    コンサルティング

    コンサルタントの教科書とコンサルタントの懺悔書
  2. 商品価値

    政治・経済

    これからは「良い商品さえ作れば売れる」時代に突入する
  3. サイコパス

    洗脳・マインドコントロール

    ブロガーとサイコパスと私
  4. コラボビジネス

    経営・ビジネス

    コラボビジネスで「失敗しない」「失敗させない」ために必ず事前に準備するべきこと
  5. パラサイト

    コンサルティング

    アイ・アム・ア・パラサイトヒューマン
PAGE TOP