UVERworld

つぶやき・仕事術




すみません、10年以上もUVERworldのことをナメてました。

こんにちは、服部です。

いつもは固いビジネス記事が多いですが、たまにこんな記事(エンタメ系)を書くのも良いかな、と思ったくらいのインパクトがある音楽に触れたので、そのことについて少し。

 
Twitterで「このPVが泣けますよ〜」って呟いてたら、フォロワーのkaoru(@kaoruchy)さん(Facebookでは本名でつながらせてもらっています)が、「これも泣けますよ〜っ」て紹介してくれたんですね。

 
どれどれと思って観てみましたよ、UVERworldの『7日目の決意』のPVを。

 
おいおい、音楽もドラマストーリーもめちゃくちゃ良いやないか。

ということで、UVERworldに一気にどハマりしてしまいました。

10年間ゴメンナサイ

いや、僕もバンドやってましたし音大にも行って(中退したけどw)たんで、昔から知ってたし曲も聴いたことあったんですよ。

ただ、その頃は、「まぁ、演奏は上手いけど女ウケを狙ったなんかチャラついた優等生POP/ROCKの若造やな」くらいにしか思っていなくて、まーったく興味なかったんですね。

 
で、今回もPVは観たけど、所詮そんな感じのバンドなんだろうなという印象は引きずったまま深くは聴くつもりなかったんですが、でも、kaoru(@kaoruchy)さんが勧めるんだから骨のあるバンドに違いないと思って色々調べました。
 

ちなみに、このkaoru(@kaoruchy)さんって方、音楽に関しての見識は超一流、で、音楽以外の見識に関しても超絶なクオリティですので、みなさんフォローしておいて損はないですよ。
 

すると、男祭り(武道館で男の観客だけ1万人集めてのライブ)とかスゲーパンチのあることやってるやんと。
 
で、ボーカルのTAKUYA∞さんは僕と1コしか歳も変わらない(37歳)と。

 
ということで、ちょうど家族と近くの商業施設(西宮ガーデンズ )に行く用事があったので、kaoru(@kaoruchy)さんオススメのライブ映像と、動物的直感で良さそうなライブ映像を買っちゃいました。

MCが刺さると思わなかった

僕、けっこう音楽オタクだったんで、ジャンル問わず良質な音楽にはリーチできていた自信あったんですけど、こればっかりは10年の過ちでしたね(笑)

ホント固定観念って怖い。

大げさでもなんでもなく、無理やりビジネスの話につなげようとしているわけでもなく、ちゃんと真剣に触れてもいないことに「どうせ●●でしょ?」という判断を下すのはホンマ人生損するなと。
 

改めて、

・信用できる人が良いと言っているもの
・ヒットしている(世に広く出ている)もの

に関しては、とにかく首を突っ込んでみるべきだなと、考え直すきっかけになりましたね。
 

ちなみに、僕が刺さったのはこのPVの最後の部分。

孫娘:「じゃぁ、もし、明日死んじゃうって言われたら怖い?」

おじいちゃん:「明日は怖いなぁ。だって、明日なんて、、、怖かったろうね、、、。でもね、こんな素敵な世界はどこにもないんだよ。だから、一生懸命大事にしないとね。」

 
実は、このことについてTAKUYA∞さんはライブのMCでも実体験として語ってるんですよね。

5、6年前にUVERworldは学園祭ツアーで愛媛に行った。

愛媛で、学園祭ツアーの合間にオレと真太郎は温泉に行くんだよ。温泉に行って、2人で服を脱いでんだ。

すると、脱衣所で、隣で、おじいさんが一緒に服を脱ぎ出すの。オレと同じタイミングで。色々オレに話しかけてくんの。そのおじいさんが。

年齢を聞いたら76歳だった。とても元気そうに見えたけど、76歳には見えない元気そうなおじいさんだった。

オレに色んなことを話しかけてくんだよ、服脱いでるオレにさ(笑)自分の孫の話とか、戦争の話とか、自分の家族の話、色んな話聞かせてくれてさ。

オレ、そのおじいさんに、どうしても聞きたくなって聞いちゃったんだよね。

「おじいちゃん、死ぬのって怖いことなの?もし明日死ぬって知ったら怖い?」

って聞いたのさ。

76歳のおじいさんこう言ったんだよ。

「あー、、、まだまだ死にたくないねー、、、。こんな素敵な世界だから。」

っつったんだよ。

オレ、それスッゲー嬉しくてさ!

オレも言ってたいんだよ!76歳になった時に、「まだまだ死にたくない、素敵な世界だ」って言ってたいからさ。

オレ、もっと、最高に、笑いながら、大切なもん大事にしながら生きていこうと思うんだよ!そっちの方が幸せに決まって決まってんじゃん!そうでしょ!?みんな、ねぇ!?

イヤなことなんてたくさんあるよ。

オレたちも、こんなおっきいフィールドで、おっきい会社でやってたらイヤなことなんていっぱいあるよ。

世の中さ、ズルいヤツいっぱいいるしさ、納得いかないこといっぱいあるしさ、許せないこともいっぱいあるしさ、でも、オレいちいちもう悲しまないって決めたんだよ。オレが悲しむと、大切なヤツも悲しむし。

76歳のおじいちゃんに6年前に出逢って、色んな話を聞いて、この6年間でたくさんの大切のものと大切な人、オレ見つけてきた。その人たちをさ、悲しませないように、もっともっと楽しく前を向いて生きていこうって決めたのが、オレたちの「7日目の決意」。

 
UVERworldは、曲やパフォーマンスも良いけどMCが圧倒的に良い。
 

40年近く生きてきていると、なんかこう凝り固まってつまんなくなってしまいますよね。

ネットの世界に深く関わっていると、最先端の情報を手に入れることには長けてくるけど、なんか結局「みんなで流行りを追う」みたいな感じでつまんなくなってしまいますよね。

SNSのフォロワー数が社会的な評価や価値だなんて言われると、「自分は社会的価値がないのか」とか思ってしまいますよね。

  
そんなことないですよ。

あなたの価値はフォロワー数なんかじゃないし、それをわかってくれている人は近くにたくさんいるはずです。

これからも僕はそのことを身を以て証明していきたい。

 
アタマ数がモノを言うクソみたいな評価経済社会は長くは続かないっていうことを証明していきたいし、稼ぐことや大切な人を幸せにするのにそんなことはどうでも良いってことを証明していきたい。

 
なんてことをUVERworldからインスピレーションをもらい、書いてみました。

たまにはこんな記事を書くコンサルタントがいても良いんじゃないですかね。

 
そして、男オンリー23,000人を集めてさいたまスーパーアリーナでライブした時の映像が出ました。

圧巻ですよ。

 
しかし、バケモンだな、この人たち。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備①:概要とフロー
  2. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  3. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い
  4. ステップメールの7通目:予告とオファー
  5. ブログ記事を圧倒的に読みやすく、わかりやすくするウェブライダーの推敲・校閲支援ツ…

関連記事

  1. エクスマ

    つぶやき・仕事術

    名指しでの批判を批判する人たちへ

    こんにちは、服部です。名指しで批判記事を書くと、僕に直接言って…

  2. コンテンツ

    つぶやき・仕事術

    後から「これは有料級の価値があるんです」とか言うくらいなら最初から有料で売れよ

    こんにちは、服部です。今では無料のコンテンツを出してメルマガ登…

  3. マーケティング

    つぶやき・仕事術

    障害者の生産性はマーケティングで向上する

    こんにちは、服部です。ちょっと気になった記事があったので、それ…

  4. インフルエンサー

    つぶやき・仕事術

    拝金主義の炎上インフルエンサーの周りには炎上手助けマンしかいない

    こんにちは、服部です。今回のはあちゅうの件について。…

  5. プロブロガー

    つぶやき・仕事術

    AI悲観論、教育悲観論が大好物のインフルエンサーとプロブロガー

    こんにちは、服部です。いやー、もうみんな飽き飽きしてません?…

  6. つぶやき・仕事術

    あなたがブログを書いている「本当の理由」は何ですか?

    こんにちは、服部です。今日は、最初に質問に答えてください。…

無料メール講座

ncs

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. books
  2. Twitter
  3. マーケティング

最新記事

  1. コンサル視点で見る『脱社畜サロン』騒動の激ヤバポイント
  2. ZOZOの前澤社長から100万円以上のリターンをもらえる人と…
  3. 誰も知らないオンラインサロンのオイシイ使い方
  4. ブログにおける「初心者は100記事書け!」の正しい実践の仕方…
  5. 炎上によって強化された第3のポジショニング

服部のアタマの中

  1. WEB集客

    ブログは言葉の力だけに頼りすぎたら逆効果になる
  2. note

    WEB集客

    半年間(3月〜8月)の『note』売上実績
  3. マーケティング

    コンテンツメイク

    「知られていないことは存在していないのと同じ」と言うけど、そもそも「知られても良…
  4. デブ

    コンサルティング

    デブにコンサルを依頼してはいけない
  5. 起業

    起業

    起業はサラリーマンを辞めてからするべきか?
PAGE TOP