note

コピーライティング




文章力をアップさせたいならお金をもらって記事を書こう

こんにちは、服部です。

日々、ブログやメルマガを書いていると、しょっちゅういただくテッパンの質問があります。

それは、

「どうやって文章力を磨いたんですか?」
「どうすれば良い記事が書けますか?」

というものなんですが、僕の結論としては、

「渾身の記事を読者に販売してみる」

ということに尽きます。
 

その理由は5つあります。

1.記事のクオリティが圧倒的に向上する
2.読者が価値を感じているかがわかる
3.必要なインプットの質と量がわかる
4.記事を書くモチベーションが手に入る
5.セールスのブレーキが無くなる

 
5は少し番外編的な内容ですが、文章力をアップするための様々な考え方やマインド、スキルが手に入るのでぜひ実践してみてください。

1.記事のクオリティが圧倒的に向上する

すでに何らかビジネスをしている人であれば、基本的な考え方として、

「お金をいただく=プロである」

というフレームワークは持っていると思います。

で、プロである以上全力を尽くすというのは、仕事をする上で当たり前のことです。
 

飲食店の研修中のアルバイトであろうが、給料が発生する以上はプロなわけなのです。

「新人だしドリンクこぼしても別にいっか」

とはならないわけで。

 
それと一緒で、お金をいただくことによって記事のクオリティというのは全く変わってきます。

例えば、誰かしら指導者に

「毎日ブログを更新しなさい」

と言われて義務的に書いている記事と100円で売るつもりで書いている記事とでは、気合いもクオリティも全く違います。
 
人は、自分のがんばりや努力を対価に合わせにいくという傾向があるので。

当たり前ですが、給料が30万円と50万円とでは絶対やる気も責任も違うじゃないですか。

 
これ、やってみればわかると思うんですが、今まで無形のものを売ったことがない人は、情報(記事)を売るというのは勇気がいります。

「本当にこれ100円で売って良いのかな」
「誰も買ってくれなかったらどうしよう」

というのは当然思うことで、それだけ覚悟が必要になるということなんです。

 
100円で買ってもらう上で失礼がないようにと、

・読みやすいか?
・分かりやすいか?
・誤字脱字はないか?
・稚拙な言い回しはないか?
・タイトルはインパクトがあるか?

などを、イヤでも高い次元で追求しようとします。

 
それだけではなく、有料のものに対して「価値があるかも」と思ってもらうためには、普段からの無料の発信にも気を使うようになり記事のクオリティが圧倒的にアップします。

2.読者が価値を感じているかがわかる

自分が発信している情報が価値があるかどうかが超シビアに分かります。

普段から価値を感じてくれているのであれば、一度は課金してくれる可能性があります。

で、次からも課金して読んでくれるかどうかは、有料記事のクオリティによるところになります。
 

逆に、”いいね!”を押されているだけで特に共感もなく刺さってもいないのであれば課金されることはありません。

無料でも価値のないものは読まれないですし、有料でも価値のあるものは読まれるんです。

 
改善するためには必ず現状把握が必要です。

これを読んでいる時点で、

「いや〜、売れるわけないよ〜」

と思っているのであれば、まさにそれが現状で、お金を払ってでも読みたいと思える価値があなたにもあなたの記事にもないということです。

だから売らないとするのか、売れるように努力するのかはあなた次第ですが。

3.必要なインプットの質と量がわかる

記事を有料で配信する自信がないということは、明らかにインプットが足りていません。

アウトプットはインプットありきですからね。

ただ、完璧主義になりすぎてもダメなので、自分自身のことはしっかり把握しておきましょう。
 

例えば、絵描きで食べていきたいという人が、絵を描いて売りたいけど自信がないのは、

・本当に努力不足で人に見せれないレベル
・ただ市場に出していないだけ

のどちらかということは、」自分が一番理解できていることだと思います。
 

前者であれば最低ラインまでクオリティを上げることをしなくてはならないし、後者であれば「とにかく売れ」という話です。
 
 
記事の場合も同じで、すでに売れるくらいのクオリティであるのなら、プラスαの価値を付加するためのインプットをし、そもそもレベルが低いのであれば売れる最低レベルに持っていくまでの大量のインプットが必要になるということですね。

4.記事を書くモチベーションが手に入る

自分の記事を書くということは、インプットからアウトプット、ライティングまでを基本的に全部自分でやるということです。

つまり、自分の力でゼロから価値生み出すという、非常に労力が必要とされる行為です。

なので、ブログを書いている人は凄いんです。

毎回、ゼロから価値生み出しているわけなので。

 
そんな記事が読まれるだけでも嬉しいのに、100円でも売れるとかなり嬉しいことなんです。

お金を払ってまであなたが発信する情報を手に入れたいと思ってくれる人がいるということですからね。

これはかなりのモチベーションになるはずです。

 
PV数が伸びると嬉しいですが、「PV数が多い=読まれている」ではないですし、そもそも価値があるとも限りませんからね。

某医療系キュレーションサイトは爆発的なPV数はあったものの、その内容と価値はクソだったわけじゃないですか。

 
正しい反応に対して正しいモチベーションを獲得するということは継続する上で非常に重要なことです。

5.セールスのブレーキが無くなる

これは番外編的な話になるんですが、普段からマネタイズを常態化しておくことでセールスに対するブレーキがなくなります。

つまり、何かを売ろうを思った時に、

「これ、売れるかな、、、」

といったネガティブな思考にならなくなります。
 

逆に、

「しのごの言わずにとりあえず売ってみよう。でも、売るためにはこの部分のクオリティはもっと上げなければいけないな」

と、「売れるようにするにはどうするか」という建設的な思考ができるようになります。

PV至上主義から課金重視主義へ

週刊文春は嫌いで買ったことはないですが、そこで働く人のことを知りたくて、最近、新谷学さんのこの本を読みました。

 
で、この本の中で非常に腑に落ちた部分があったんですが、

スクープを獲るためには「手間、暇、お金」がかかっていることを理解していただき、それに対する対価を払うことへの抵抗感を払拭したい。

と新谷さんは言われています。

 
実際、PV数で広告収入を稼ぐサイトが多く、その記事はというと、流用や引用だらけのもの、ツイートを埋め込んだだけのものなど、コンテンツとしてつまらないものが多いです。

そこには発信者と受信者の信頼関係が無いので課金する価値も無いわけですね。

 
これから生き残っていくためには、独自の売れるコンテンツが必要です。

で、コンテンツというのは、ここでは「記事」として位置付けしていますが「コンテンツ」というのは商品でもあります。

商品企画や商品開発の能力がなければビジネスは継続できないのは言うまでもなく。

 
現状のあなたの価値を確認した上で、必要なマインドや能力の基礎を身につけるためにnoteを活用してみてはどうでしょうか。

課金のインフラは用意されているので、あとは、あなたが記事を書いて売るだけです。




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの4通目:プレゼントの提供
  2. WordPress(ワードプレス)の準備⑤:ワードプレスのインストールと記事の投…
  3. シンプル&オシャレでコンテンツの価値の高めるWordPressテーマ+情報発信の…
  4. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  5. ステップメールの5通目:デメリットの告白

関連記事

  1. マーケティング
  2. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側⑦:お金が欲しくなったらセミナーをする Part2

    こんにちは、服部です。前回の記事の続きになるわけなんですが、…

  3. emotion

    ブログ集客

    あなたは次の5つのうち、どの方法でブログを書いてる?

    こんにちは、服部です。ブログを書いてる人というのは、情報発信を…

  4. アメブロ

    アメブロ

    アメブロで集客するときの3つの注意点

    こんにちは、服部です。『アメブロで集客をするべきかするべきでは…

  5. google-trends

    SEO戦略

    Googleトレンドを活用してアクセスとネタを増やす

    こんにちは、服部です。ブログを書いてる人が意外と活用してないのがこ…

  6. コピーライティング

    セールスレターから逆算してビジネスをつくる方法【Part2】

    こんにちは、服部です。前回からの続きですが、これはセールスレタ…

定期購読マガジン

note

オンラインサロン

よく読まれている記事

  1. ゴミ記事
  2. Twitter

最新記事

  1. あなたの悩みをTwitterで解決する『140文字コンサル』…
  2. イケダハヤトさん、Twitterのブロック解除をお願いします…
  3. AIと共存するための教育システムを破壊する「大人の事情マーケ…
  4. ビジネスやお客さんを舐めたブログには明るい未来など1mmも用…
  5. 一度逃げたヤツは何度でも逃げる。一度裏切ったヤツは何度でも裏…

服部のアタマの中

  1. パラサイト

    コンサルティング

    アイ・アム・ア・パラサイトヒューマン
  2. USP

    集客・マーケティング

    どれだけ「チ●コ」がデカくてもそれを必要としている人に届けなければそれは「ただの…
  3. AI

    経営・ビジネス

    あなたの仕事を奪うのはAIではなく「AI時代を煽る人間」だ
  4. 殺し屋のマーケティング

    集客・マーケティング

    殺し屋のマーケティングの『7つのマーケティング・クリエーション』を実践してみた
  5. コンサルタント

    SNSマーケティング

    勝ち組コンサルタントの時間配分の比率をこっそり教えます
PAGE TOP