SNS

SNSマーケティング

SNSで影響力がない人間はビジネスで勝てないのか?

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

ネット上における”影響力”とは何でしょうか?

SNSにおけるの友達の数やフォロワー数がその人の「影響力」というのであれば、僕は影響力のない人間だということになります。

Facebookの友達もTwitterのフォロワーもどちらも300人程度と、その辺りのビジネスパーソンと比べると普通よりもかなり少ないほうだと思います。

”いいね!”やコメントともあまりつきませんし。

それは僕のFacebookを見ての通り。
 

まぁ、そもそも増やそうともしていないので、メッセージのない友達申請は無視していますし、興味のないTwitterもフォローしていません。

Facebookで友達申請が10件来ても全部無視することなんかザラにありますし。

 
じゃぁ、SNSで影響力が無い人はビジネスが上手くいっていないのかというと、そうとも限りません。

SNSの量的要素とマネタイズは比例しない

僕って、儲かってなさそうですよね?

お客さんの声とかもバンバン出さないですし、”いいね!”やコメントもあまりつかないので全然人気なさそうですよね(笑)

まぁ、実際、人気者ではありません。

オブラートに包まない批判記事は多いですし、わりと嫌われているほうだと思います。

よく匿名で嫌がらせや攻撃されますし。
 

ただ、現状はというと期待に反してそこそこ稼がせてもらっています。

非常にありがたいことに。

 
でも、それって側から見てもわからないんです。

友達が何千人とかいても実際は全然儲かっていない人もいますし、僕みたいに影響力がなくてもそこそこマネタイズできている人もいますから。
 

言うだけならいくらでもウソつけるんですよね。

「私のブログは●万PVです!」
「私の年収は●千万円です!」
「メルマガ読者●百人です!」
「Facebookの友達●千人います!」
「Twitterのフォロワー●万人です!」

言うだけは自由です。

なので、こんな手前味噌な情報を信じることは不毛でしかありません。

そこで、信用情報を提供する方法として何かシンプルな方法はないかなと考えた時にnoteは良いんじゃないかなと思ったわけです。

0円ではビジネスは成り立たない

ということで、表層的な影響力ではなくて実際の価値を証明する方法として前月は「note取り組み強化月間」にしました。

なぜnoteかというと、その人やその人が提供している情報に本当に価値があるかどうかがわかりやすいからです。 

noteの詳細に関してはこちらの記事で。

 
ビジネスというのは無料では成り立ちません。

ボランティアではないので。
 

なので、どれだけSNSのフォロワーが多くてもお金を払ってくれる人が0人であればビジネスとして成立していないんですね。

が、たとえ1円でも払ってくれる人がいればビジネスは成り立ちます。

極論、1円の商品を1億人の人が買ってくれれば年商1億円になるわけですから。

note強化月間の結果は?

僕の情報(商品)にお金を払ってくれる人がどれだけいるのかをリサーチしました。

「noteをやろう!」と張り切ってスタートして、SNSで影響力のない人間が1ヶ月でどれくらいの売上をつくれるのかを、シンプルに試しました。
 

とはいえ、僕もコンサルの仕事があるので、noteだけに全精力を注ぐわけにもいきません。

ということで、条件を「10時間」と決めました。

noteに費やす時間を10時間と決めてどこまでできるのかをチャレンジしたんですね。

で、せめて時給1万円は欲しいなと思ったので、売上目標は10万円で設定し、決めた時間内はかなり集中しました。
 

実際に取り組んだ時間の詳細は下記の通り。

10記事 × 30分 = 6時間
1マガジン × 3時間 = 3時間

普段、1記事に30分かけることはないんですが、今回は有料記事ということで30分はかけて書くようにしました。

そして、少し単価を上げるためにnote用マガジン(コンテンツ)を1つ作りました。

多少のnoteユーザーのフォローとSNSやブログでのシェアの時間とかも入れるとトータルで10時間くらいにはなると思います。

単価は1記事300〜500円、マガジンが1500円〜3000円といったところ。

その結果どうだったか?

売上結果は、80,400円でした。

おしい(笑)

もっと必死に販促をしていればいけましたね。

まぁ、でも、初っ端としては悪くないでしょう。

 
有名人や著名人、人気者じゃなくても、自撮りやキャラクター推しで勝負しなくても、コンテンツだけで勝負できるというわかりやすい指標になったかと思いますので。

Facebookの友達が少なくても”いいね!”やコメントがつかなくてもマネタイズには一切関係ないということが、証明できたのではないでしょうか。

脱労働集約型ビジネス

こういった結果が出せるのは、メルマガやFacebook、オンラインサロンに濃い読者やお客さんだけを集めているからです。

”いいね!”は押してくれるけどいつまでもお客さんにならないよう人たちは基本的に相手にしていないんですね。

そこに費やす時間はムダだと思っているので。
 

もちろん、お金を払ってくれる人であれば誰でも良いというわけではなく。

そもそも心地よい言葉は発信していないので、そこを踏まえてお金を払ってくれる人というのはお客さんという枠を超えてかなり信用できる人ということになります。

人として付き合いたい人と仕事もしたいのでこういうスタイルをとっています。
 

僕の場合、コンサルに関してもクロージングをすることなくいつもこんな感じで契約が決まっていきます。

今回の結果で信じてもらえるでしょうか(笑)?
 

有名人になって脚光を浴びたい人にとっては僕のようなスタイルというのは全く魅力がないかもしれません。

が、全国飛び回ってセミナーをしたり、数をかき集めないとマネタイズできないような労働集約型から脱したい人にとっては、このスタイルはオススメです。

 
影響力ではなく価値の質を上げていくことで労働時間を増やすことなく収入を上げていくことができますから。

で、影響力は後から勝手に付いてくるんですね。

もちろん、不特定多数への影響力ではなく、必要な人に必要な影響を与えるという意味で。

 
ただ、影響を与えると言っても僕と対面で会ってどうこうするというアイドル性でビジネスをしているわけではないので、自宅でも、沖縄でもどこでも仕事ができます。

重要なのは「誰」ではなく「何」なので。
 

あなたの真の影響力と価値を知るために今月は「note強化月間」にしてみてはどうですか?

多少の勇気がいることですけどね。

まぁ、結果が出なければ売上の結果は見せなければ良いだけですが。


ライフスタイル半年後のライフスタイルを変える「5つの振り返りルール」前のページ

フリーライダー(無料大好き客)は教育可能か?次のページフリーライダー

関連記事

  1. Twitter

    SNSマーケティング

    効率と成長スピードを倍速にするTwitterとブログの“神”連携術

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。先日、ゲリラ的に無…

  2. Twitter

    SNSマーケティング

    Twitterに潜む5タイプの批判者たち

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。Twitterで、…

  3. Twitter

    SNSマーケティング

    Twitter運営スタイルは『5つの型』にカテゴライズされている

    Twitterのフォロワーを増やす有象無象のノウハウが蔓延っておるわけ…

  4. Twitter
  5. SNSマーケティング

    LINE公式アカウントが垢BANされた話

    いやー、LINE公式アカウント(以下、LINE)がBANされてしまいま…

オススメのコンテンツ

オススメのWordPressテーマ

オススメの記事

  1. 情報発信
  2. 趣味ビジネス
  3. 承認欲求

最近の記事

  1. 選択と集中

服部のアタマの中

  1. 三日坊主

    マインドセット

    三日坊主病の原因は即リターンを感じられない体質だから
  2. 守破離

    起業

    守破離は「守」から始めてはいけない
  3. コンセプト

    マーケティング

    勢い余ってスベらない(でもありきたりにもならない)コンセプトの作り方
  4. えんとつ町のプペル

    洗脳・マインドコントロール

    映画版『えんとつ町のプペル』を観に行ったときの話
  5. サラリーマン

    オピニオン

    そろそろ一周回って起業家ではなく「スーパーサラリーマン」が輝く時代に
PAGE TOP