ピカソ

経営・ビジネス




ピカソの『40年と30秒』から考えるWEBデザイナーの将来

こんにちは、服部です。

デザイナーさんがコンサルタントをどう見ているか、そして何を考えているかを知ることは勉強になります。

 
この記事を読んで、こんな話を思い出しました。

有名な話なので知っている方も多いと思いますが、あの偉大な画家であるピカソのこんな話を聞いたことありませんか?

ピカソが食事をしていた時、ファンの女性が、

「お礼はちゃんとするから何か描いてほしい」

とレストランのナプキンを差し出しました。

ピカソは30秒ほどで絵をサッと絵を描き上げ、女性に1万ドル(1ドル=100円換算なら100万円)を請求しました。

女性はびっくりして、

「描くのに30秒もかかっていないのに!?」

と尋ねました。

そこでピカソはこう答えました。

「いや、30秒じゃない。40年と30秒かかってるんだよ。」

 
ピカソは生前かなり儲かりました。

作品や住居、現金などを含むと、遺産の評価額は約7500億円とも言われています。
 

一方、もう一人の天才画家といわれるゴッホに関しては、それはもう悲惨な人生でした。

自分の耳を切り落とした話は有名ですよね。

実は、ゴッホが残した2000点におよぶ作品のうち、生前に売れたの作品はわずか1点のみでした。

ちなみに、「赤いぶどう畑」という絵でした。
 

彼ら2人の人生をまったく違うものにした要因は一体何だったのでしょうか?

本物の情報を収能する能力

その一つは本物の情報を収集する能力です。

ピカソはいろんな会合に積極的に参加していました。

もちろん、そこでいきなり売り込むのではなく、見込み客の情報収集をしていたのです。
 

芸術作品は、ある人には100万円に価値があっても、ある人には1円の価値もありません。

つまり、価値がわかる人に売らなければ売れないということをピカソ自信がわかっていたわけですね。

どういう場所に、どういう人が集まって、どういう人が買ってくれそうなのかというリサーチを徹底してやっていました。
 

一方、ゴッホはアトリエにこもり、ただ孤独に絵を描き続けていただけでした。

マーケティングのスキル

上記のリサーチもマーケティングの一部ですが、絵という”付加価値の塊”を知ってもらう活動には余念がありませんでした。

それは冒頭の逸話を見てもわかるように、自分の絵には高い価値があるということを伝え続けたのです。

そしてその理由もしっかりと明示していました。

奇抜な絵が多い印象ですが、基礎がしっかりしていてまとも(?)な絵のクオリティもかなり高いですよね。
 

一方、ゴッホも同じように素晴らしい絵を描いて発表はしていましたが、価値を伝えていませんでした。
 

その商品にはなぜ価値があるのかを伝えることを、実は多くのデザイナーがやっていません。

つまり、「見てもらえればわかる」という考えが多いので、多くのチャンスを逃しています。
 

もちろん、儲かったから幸せで、貧乏だったから不幸ということは断定はできません。

ただ、どれだけ才能があって、どれだけ素晴らしい商品やサービスをつくっても、

・どんな人が必要としてくれてるのか
・その人はどこにいるのか
・その人に何を伝えるべきなのか

をハズすとビジネスにはなりません。

素晴らしいWEBデザイナーこそ、この3つは注力すべきポイントになってきます。
 

WixやJimdoといったホームページビルダーのクオリティもどんどん向上してきていますし、WordPressも下記のような素晴らしいクオリティが当たり前なってきています。

 
で、操作も簡単ときているわけですから、ということは、「安くてそれなりのものを求める人」をターゲットにしていては、生き残っていけないことは火を見るよりも明らかですよね。

そんな中で生き残っていくためには「高くてもあなたが良い」と言ってくれるお客さんとお付き合いすることと、そう思ってもらえる理由が必要になってきます。

理想のお客さんとそのお客さんに買ってもらえる理由、見つけて発信していきましょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  2. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  3. ステップメールの4通目:プレゼントの提供
  4. WordPress(ワードプレス)の準備③:レンタルサーバーの契約と準備
  5. シンプル&オシャレでコンテンツの価値の高めるWordPressテーマ+情報発信の…

関連記事

  1. 経営・ビジネス

    友達や知り合いには割引をするべきか?

    こんにちは、服部です。この問いに対するあなたの答えはどっちです…

  2. 武井壮
  3. ブログ集客

    右脳ブログと左脳ブログの書き方

    こんにちは、服部です。いわゆる、第六感ってあるじゃないですか?…

  4. イノベーター理論
  5. アパレル
  6. ツタヤ

    コンサルティング

    ルクアイーレの蔦屋(ツタヤ)書店がコンサルティングや打ち合わせに使える

    こんにちは、服部です。最近は事務所を持たないコンサルタントも増…

オンラインサロン

ccc

定期購読マガジン

note

よく読まれている記事

  1. 殺し屋のマーケティング
  2. 承認欲求
  3. インフルエンサー
  4. 阪神大震災
  5. books

最新記事

  1. コンサル視点で見る『脱社畜サロン』騒動の激ヤバポイント
  2. ZOZOの前澤社長から100万円以上のリターンをもらえる人と…
  3. 誰も知らないオンラインサロンのオイシイ使い方
  4. ブログにおける「初心者は100記事書け!」の正しい実践の仕方…
  5. 炎上によって強化された第3のポジショニング

服部のアタマの中

  1. note

    WEB集客

    ブログでもメルマガでもない?『note』を使って今日から「思ったことをストレート…
  2. コンサル

    コンサルティング

    コンサルタントを選ぶときは何を見るべきか?
  3. Twitter

    SNSマーケティング

    あなたの悩みをTwitterで解決する『140文字コンサル』
  4. 演繹法 帰納法

    政治・経済

    お金を稼いでいて幸せな人の2つのパターン
  5. ブログ

    ブログ集客

    ビジネスやお客さんを舐めたブログには明るい未来など1mmも用意されていない
PAGE TOP