経営・ビジネス




【※残酷注意】あなたが目標年収を達成できるかどうかが確実に分かる計算方法

こんにちは、服部です。

師匠から教えてもらった残酷な内容ですが、「やる気」とか「根性」とか「気合い」「モチベーション」とか「運気」とかのせいにして一向に目標を達成できない人にためにシェアします。

かなり残酷な内容になるので、これにチャレンジするには”勇気”が必要です。
 

なぜ、残酷なのかというと全部数字で出てしまうので言い訳ができません。

なので、モチベーションが上がる人もいれば、激ヘコミする人もけっこういると思います。

自己責任の上、チャレンジしてみてください。

では、早速。

STEP1:3つの理想をリストアップ

次の項目を全て数字で挙げてみてください。

1.目標年収
2.希望する1日の労働時間
3.希望する1ヶ月の労働日数

例えば、

「朝8時くらいから働き出して
 だいたい昼過ぎには自由の身になりたいな」

「で、月の半分くらいは自由な時間が欲しい」

「それで年収2000万円くらいあればOKかな」

ということであれば、

1日4時間労働を月に15日間行い、最低でも年収ベースで2000万円を実現したい

という具合にまとめます。

数字に関しては現実的かつ堅実な数字でもかまいませんし、突拍子もない理想の数字でもかまいません。

後ほど、超現実的な数字になって現れますので。

STEP2:1ヶ月の労働時間

STEP1で全ての数字を挙げたら、次に下記の計算をします。

希望する1日の労働時間 × 希望する1ヶ月の労働日数

これで、あなたが1ヶ月に何時間働くのかが計算できますよね。

では、次に、その数字に12を掛けてください。

これで年間の労働時間が算出されたわけです。

最初に挙げた例で計算すると、

4(時間) × 15(日) × 12(ヶ月) = 720(時間)

という結果になります。

STEP3:あなたの時給はいくら?

では、次に、

目標年収 ÷ 年間の労働時間

を計算してください。

もうお分かりだと思いますが、これであなたが稼がなければならない時給が出ます。

最初に挙げた例で計算すると、

20,000,000(円) ÷ 720(時間) = 27,778(円)

という結果になります。

1日4時間労働を月に15日間行い、最低でも年収ベースで2000万円を実現したいのであれば、時給を27,778円にしなければならないということです。

この金額を「必要時給」と定義します。

必要時給で仕事ができているか?

ここまででも”ザワザワ”しているとは思いますが、ここからが重要な話になります。

まず、​あなたは今現在、この必要時給で仕事ができているかどうか?という現実に向き合う必要があります。

必要時給で仕事ができていれば、目標の年収に届くのはそう遠くはないでしょう。

しかし、それができていないのであれば、今の延長線上では目標年収にはまず届きません。
 

例えば、あなたがコンサルタントだとして必要時給が1万円なのにもかかわらず、一番高いサービスが1時間5,000円のセッションじゃ、希望の労働時間しか働かなければ目標年収の半分にも届かないという計算になります。

商品を売っている場合もほぼ同じですが、製作時間や原価も関係してくるので、目標年収を得るための売上目標も考えてください。

安易に時給は下げないこと

理想の目標年収を実現しようと思うと、ほとんどの人が時給1万円以上にはなると思います。

で、時給を1万円にするための考え方として、フロントエンド商品では時給5,000円でもバックエンド商品で時給15,000円であれば、平均すれば1万円になるというものがあります。

が、これはあくまでリピート率100%が前提となりどう考えても不可能な数字です。

なので、入り口の商品やサービスではこの時給をキープするのは厳しいからと言って必要時給から下げる場合は、バックエンド商品における時給をかなり高めに設定する必要がでてくるわけです。

よほど緻密に計算されていてバックエンド商品でひっくり返せるという人以外は必要時給は最低ラインとして商品単価を設定していく必要があるんですね。

要するに、必要時給以下の仕事はしないことです。

収入と大事なものが反比例するパターン

こうやって現実的な数字を目の当たりにすると職種にもよりますが、サラリーマンでは希望の労働時間で目標年収を達成するのは無理だということが分かるはずです。

副業でも良いので、自分のビジネスを持つ必要が出てきますよね。
 

もちろん、起業家に関しても同じことで、

「そのうちお客さんが増えれば収入もどんどんアップしていくだろう」

とう考え方では、収入は増えていっても反比例して健康や時間が失われていくことになります。

どれだけ大金持ちになっても、「年に1度休みがあるかどうか」では何のためにお金を稼いでいるのかわからなくなります。

もちろん、数年後の夢に向かって、労働時間はコントロールしている場合ではない、という根性論もわからなくもないですが、自分の時給を上げることに意識が向けられない人は商品力アップやスキルアップを怠る傾向に陥るので、シビアなセルフマネジメントが必要になります。

時給は即金収入ではない

ちなみに、必要時給というのは、1時間働いたらその対価としてすぐに手に入れなければならない金額ではありません。

例えば、必要時給が1万円だとしたら1時間かけてつくったブログが1年かけて1万円を生んでくれればOKなわけです。


10時間かけて取り組んだことが1年以内に10万円という収入につながれば、目標年収に対して受給1万円と見なせますから。

そう考えると、時間を使うことにもっと真剣になれますし、展望が見えて楽しくなりませんか?

ブログを書くのに100時間費やしても良いんです。

1年以内に100万円の収益を生むことができれば、あなたの時給は1万円です。
 

重要なのは、自分の必要時給を把握し、それ以下にならない単価設定にしたり、それ以下にならないアクションをとるということです。

起業家だろうがサラリーマンだろうが、必要時給より遥かに安い仕事を続けているうちは目標年収には届きようがありません。

今あなたがやっていることは時給いくらかを把握して、その時給に見合う自分のスキルやリソースがあるかを一度棚卸してみることをオススメします。

そして、必要時給を下げる(=目標年収を下げる)か必要時給を得るための努力をするのかを決めて、これからの1時間を真剣に過ごしてみてください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  2. ステップメールの4通目:プレゼントの提供
  3. シンプル&オシャレでコンテンツの価値の高めるWordPressテーマ+情報発信の…
  4. ステップメールでメルマガ配信をすることによるメリット
  5. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い

関連記事

  1. money

    経営・ビジネス

    お金が無いことはとても恥ずかしいことです

    こんにちは、服部です。今の時代、「今ちょっとお金が無いんですよ…

  2. 経営・ビジネス

    ブランディングの前倒しは死を意味する

    こんにちは、服部です。良さそうな商品を雑誌やネットで見つけたか…

  3. マインドセット

    社長や起業家にとって「愛のある公開処刑をされる場所」が必要である本当の理由

    こんにちは、服部です。世の中には、「褒められて伸びる人…

  4. コンサルティング

    コンサルティング化が早急に必要な業界②

    前回に引き続いてパート②です。パート①はこちらです…

  5. マインドセット

    何もやってもいないクセに「お金が稼げない」とかいうヤツはマジで近寄らないでくれ

    こんにちは、服部です。お金を稼ぐことってそんな重要じゃないです…

定期購読マガジン

note

オンラインサロン

よく読まれている記事

  1. コンサル
  2. カリスマ
  3. 毒舌
  4. 殺し屋のマーケティング

最新記事

  1. noteの購入者は価格に見合う価値を手に入れているのか?
  2. 世の中には胡散臭いと言われれば言われるほど儲かるコンサルタン…
  3. 高確率でサイコパスと情報弱者を巡り合わせるSNSワールド
  4. 進化し続ける人のゴールデンウィークの仕事の仕方
  5. AI悲観論、教育悲観論が大好物のインフルエンサーとプロブロガ…

服部のアタマの中

  1. コミュ障

    WEB集客

    「社会不適合者やコミュ障は起業家に向いている」のウソ
  2. 恋愛

    経営・ビジネス

    恋できない人とビジネスはさっさと乗り換えてしまおう
  3. WEB集客

    コンテンツの「どこまでが無料でどこからが有料か」という時代遅れな考え方
  4. サイコパス

    洗脳・マインドコントロール

    サイコパスと起業家の密接な関係
  5. google

    WEB集客

    仮想通貨の動向を知るのにGoogleトレンドやキーワードプランナーは絶対に外せな…
PAGE TOP