明石海峡大橋

ブランディング

明石市のマーケティングやブランディングの支援もしていきます

最近、明石の魅力を伝えるYouTubeの撮影をしていまして(完全に趣味)。

公開にはもう少しかかりそうですが、ボチボチ進めていっているので見かけたらチャンネル登録してあげてくださいな。

というのも、泉市長が中心となって進められている行政としての施策はもちろん素晴らしいんですが、明石周辺にはイケてる場所やお店がけっこうたくさんあるので、その辺りを紹介していきたいなと。

今後は明石だけではなく、舞子や淡路の方にも手を広げいく予定です。
 

以前は芦屋に住んでいて、今年の4月に明石に引っ越してきたんですが、やはり住み始めるとブラっとドライブに来ていたときとは見え方や感じ方が全然違うんですよね。

いざ住むとなったらそりゃそうですが。

あと、地元になったことでめちゃくちゃ歩くようになったので、車で移動していたときとは比べものにならないくらい、いろんな発見があります。
 

そんな中、いろんなスバラシイ場所や施設、お店があって「もっとこうしたら良いのにな…もったいないな…」と思うところも多々あるので、そういうお店や企業、あるいは行政のマーケティングを勝手にしていこうと思っている次第で。

明石市はこれからさらに人口が増えていくでしょうし、特に子育て世代のファミリー層はガンガン転入してくると思うので、そういった人たちに良い情報を届けられたらなと。

うちも2歳5歳の子どもがいるのでバッチリ役に立てると思います。
 

とまぁ、YouTubeやSNSでは明石全体を盛り上げていこうと思っているんですが、ビジネスのマーケティングやブランディング、集客などのサポートもしてほしいという個人的な依頼も受け付けている(写真や動画の撮影もします)ので、気軽にご連絡ください。

僕もそっちが本業なので、現場にも足を運んでサポートさせていただきます。

それこそYouTube運営、SNS運営、情報発信を軸にしたマーケティングやブランディング、集客に関しては得意分野なので。

基本的にTwitterに生息しているので、そちらにDMをいただければ。
 

引き続きYouTubeパートナーも募集しているので、一緒に食べ歩いたり楽しそうな場所に行ったりしながら楽しい動画を撮っていきたいという人はご応募お待ちしています☻

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

挫折みんなが挫折する3つのネガティブ時期の乗り越え方前のページ

好きなこと VS 稼げること次のページ

関連記事

  1. オタク

    ブランディング

    時代はオタク必勝ワールドに突入している

    マーケティングのセオリーとしては「お客様目線」「マーケットイン」、そし…

  2. ブランディング

    ブランディング

    脱エセブランディング

    世の中の傾向、特にビジネス界隈の傾向として「行動力」が評価される傾向が…

  3. 動画編集

    ブランディング

    過剰なコンテンツ、スキル、クオリティ至上主義はお客さんを遠ざける

    理想のお客さんを遠ざけ、招かざる客を引き寄せてしまう、ビジネスにおける…

  4. インフルエンサー

    ブランディング

    オリジナリティのある中途半端な「共感型インフルエンサー」を目指そう

    ジョーカーのコラムでも少し書いたんですが、圧倒的成功者や圧倒的インフル…

  5. 共感性と憧れ性

    ブランディング

    共感性で戦うべきか憧れ性で戦うべきか問題

    ビジネスリーダーになろうと思っている人にとって「共感性」と「憧れ性」と…

  6. オタク

    ブランディング

    インスタントオタク化メソッド

    こちらの記事で「オタク最強説」の話をしたんですが、その部分と関連して「…

オススメのコンテンツ

オススメのWordPressテーマ

無料メール講座

オススメの記事

  1. コンサルタント
  2. ブラック企業
  3. books
  4. RAM WIRE
  5. クロージング

最近の記事

  1. 筋トレ
  2. 宿題

服部のアタマの中

  1. 有料コンテンツ

    WEB集客

    無料コンテンツと有料コンテンツの線引き問題
  2. ホリエモン

    洗脳・マインドコントロール

    僕がホリエモンの本を読むのをやめた理由
  3. メルマガ

    WEB集客

    ブログよりもYouTubeよりもTwitterよりもメルマガ
  4. マーケットイン プロダクトアウト

    マーケティング

    個人ビジネスで稼ぎ続けるコツは「マーケットインとプロダクトアウトの間」
  5. ウルフオブウォールストリート

    マーケティング

    ウルフ・オブ・ウォールストリートの名場面「オレにこのペンを売ってみろ」から学べる…
PAGE TOP