インフルエンサー

つぶやき・仕事術

拝金主義の炎上インフルエンサーの周りには炎上手助けマンしかいない

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

今回のはあちゅうの件について。

 
もうこの件については言うまでもなく、全面的にはあちゅうを支持します。

特にこの内容に関しては言及はしないので、岸勇希がどうなったとか等に関しては彼のnoteなどを読んでいただき、ご自身で時系列を追っていただければ。

 
これに関しても追い込まれた当事者でなければわからないでしょうから、周りがとやかく言うことでもないよなと。

童貞の話で盛り上がってどうするよ

で、もう1つ巻き込み事故みたいになっているのが、過去のはあちゅうの「童貞」に関する発言で、非常に残念なことにむしろこっちの方がフォーカスされちゃってます。

ただ、これに関しても僕自身は何も傷ついていませんし、いくら発信力があるとはいえ、「会ったこともない炎上常連女の男性蔑視発言にいちいち反応して凹んでる男とかいるの?」と思っている次第でして。

次元の違う話だし、「オマエが言うな」的な視点で混同するのも意味わからないなと。

 
うんうん、そうだよなと。
 
だから、スルーするなり、「この件に関してはゴメンなさい」って素直に非を認めてサラッと流せば良いものを、わざわざ反論かましてこじらせるわけですよ。

 
いや、こんなもん後からいくらでもやれば良い話じゃないですか。

こんな次元が違う話を巻き込んで混同していったら、今回一番伝えなきゃならないセクハラ・パワハラ問題がボヤけていきますよね。

ここで童貞炎上案件ぶち込むか?

今回の論点であり、自らのインフルエンスをフル活用して1人でも多くの人に届けたい情報は「私は童貞をバカにしていない」ということではなく、「権力を乱用してセクハラ・パワハラを行使する人たちに社会的制裁を加え、女性が安心して働ける社会にしましょう」ということじゃないですか。

なのに、童貞問題にいちいちつっかかって反論して。

冒頭の記事で多くの人が支持して応援してくれているのにめちゃくちゃもったいない。
 

まぁ、この空気の中で童貞関連本アフィリのツイートを平気でできるくらいなので、童貞案件を燃やすことは戦略だったんでしょうけど。

 
もうこのあたりから、支離滅裂、無茶苦茶、自業自得という状況になっていくわけです。

僕もさすが呆れちゃいましたね。

また何か企んでるんですか?

で、やっと謝罪の記事やツイートが出たと思ったら、

 
うん、物書きしている人の言葉選びじゃないよねというのが最初の感想でした。

いや、非を認めないクソプライド高いアホなインフルエンサーが多い中、非を認めるというアクションを取ったことは素晴らしいと思います。

が、読む人が読めばこれは違和感感じますよね。

 
あくまで個人的な感想ですけど、はあちゅうの物書きスキルを考えたら「これはないやろ」と思う人は多いはず。

まぁ、本人がどういうつもりで書いたのかはわからないので、本心なのか意図しない謝罪なのかは決めつけることはできませんが、いずれにせよ何がしたいのかよくわかりません。

 
こういったことも含めて、せっかく勇気を出して、声をあげて、辛い思いを掘り起こして、仕事を失うリスクやその他の圧力がかかることを恐れてまで大事なことを発信したのに、いろいろと残念すぎやしませんか?

せっかく多くの人が「支持します!」とか「応援します!」とか言ってくれているのに。

ますますインフルエンサーっていう生き物は大丈夫なの?と思います。

 
ちなみに、上記の謝罪ツイートとnoteの謝罪文は「とりあえず謝って済まそう」みたいな心境で書いたらしいのでさっさと削除したみたいです。

 
いちいち「とりあえず謝って済まそうみたいな心境だった」とか言わなくても良いのに。

根っからの炎上体質ですね。

あなたの周りは炎上手助けマンしかいないの?

今回の件でインフルエンサー大丈夫?って思った点がもう1つありまして、というか、むしろ、これが一番ヤバイんじゃないかなと思っています。

何かと言うと、「あなたの周りには炎上を煽って薪をくべる連中しかいないんですか?まともなアドバイスをしてくれる仲間いないんですかね?」ということです。

 
この人、擁護するのかと思ったら

 
さらに燃やそうとクソみたいなツイートして、

 
反省して謝罪する態度を見せたら今度はバカにする。

  
以前、個人的に絡みましたが。この人だけは発言がクズすぎてホンマに感心します。

 
で、この人はインフルエンサーお得意の「言論の自由だ!嫌なら見るな!」で、本人が謝罪したらダンマリ。

  
インフルエンサー仲間ってこういうこと言う連中ばっかりで、

「いや、童貞の案件で納得いかないのはわかるけど、今回一番伝えなきゃいけないことをちゃんと伝えるために、非を認めるところは認めて収束させた方が良いんじゃない?」

とか言える人間がいないのがホンマにびっくりします。

 
あなたの周りの仲間は大丈夫ですか?

どれだけに影響力を持つ人間になっても、どれだけ有名な人間になっても、「Devil’s Advocate(悪魔の代弁者)」には側にいてもらった方が良いです。

で、人の意見を聞き入れる耳を持って、正常な判断と決断ができる状態を習慣化しておきましょう。

じゃないと、今回のはあちゅうみたいに、もともとGGJ(グレート・グッド・ジョブ)なのに、その後の対応ミスによってスゲーもったいないことになりますよ。

次の日のは普通に出版

と、そんな心配とは裏腹に、翌日に追い討ちがありましたね。

謝罪文はその日はトップツイートに固定していたものの、次の日にはスパッと解除し幻冬舎から出版された自著の宣伝祭り。

 
お、おう、このための告発、童貞炎上祭りだったのか?と思われてもしょうがない流れをつくっちゃってます。

岸勇希の本も今回のはあちゅうの本も編集者は違えど(前者は箕輪厚介、後者は竹村優子)出版元は”あの”幻冬舎なので、編集者が策士としてガッツリ絡んでるのかな。
 

この流れが炎上商法としてもともと仕組まれたものだったのか、ナチュラルに事故ったのかはどっちでも良いんですけど、「勇気のある告発」を支持、応援してくれた人に対してけっこうひどい仕打ちなんじゃないのかなと思います。

いずれにしても今回のような拝金主義、超利己的な動きを見せられちゃうと、『#metoo』も心から応援できなくなっちゃうでしょう。
 

こう言うとインフルエンサーお得意の

「オマエらが勝手に応援したんだろ」
「勝手に応援して勝手に裏切られただけやん」

みたいな持論を展開して炎上させるんでしょうけど、真のインフルエンサーなら炎上させなくても影響を与えられる人になってくださいよって感じです。

 
まぁ、インフルエンサー自身が自分で自分の首を絞めていくという予想通りの未来にまっすぐ進んで行っているので、彼(彼女)らの大好きな”評価経済社会”において消滅するのは時間の問題でしょう。

なので、僕らは関係のない火事にいつまでも群がらず、今回の本題である『#metoo』に視線を戻して、周りに困っている人はいないか、あるいは、自分自身に落ち度はないかを考えていかなければなりませんね。

 
PS

このツイートをしたら、ついにはあちゅうにブロックされました。

 
批判じゃなくてスゲー大事なことを伝えたつもりだったんですけど、思考停止で応援する信者以外はノイズなんですかね。

まぁ、これではあちゅうのツイートを見ることはないので、追記することも記事を書くことも二度とないでしょう。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

世の中の「正しいこと」を支持している時点でもう搾取される側に回っている前のページ

「フォロワー数に応じて割引」を打ち出しているお店は「私のお店にはウリがない」アピールということで良いんですよね?次のページ

関連記事

  1. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕のビジネスモデル…

  2. 名刺

    つぶやき・仕事術

    名刺ファイルで脳の引き出しを見える化する方法

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。最近ある本を読んで…

  3. つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part7 ~お金~

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕のビジネスモデル…

  4. つぶやき・仕事術

    被害者の心をえぐっているのは「このコトバ」だということに気づいていない大人たち

    こんにちは、服部です、高畑裕太容疑者の話題で頻繁に使われている…

  5. ノースリーブ

    つぶやき・仕事術

    【※都市伝説】女性起業家がノースリーブである本当の理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。世の中にはキラキラ…

  6. 落合陽一

無料メール講座

定期購読マガジン

コンサルnote

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. woman
  2. 天才
  3. SXO
  4. コンサルタント

最近の記事

  1. コンサルタント
  2. コンサルタント

服部のアタマの中

  1. パワハラ

    コンサルティング

    生理での体調不良に対する上司からのパワハラ
  2. books

    つぶやき・仕事術

    ハットリ図書館 Part2 ~ライティング系~
  3. コンサル

    WEB集客

    情報商材とオンラインサロンとコンサルの違い
  4. 動画編集者

    マーケティング

    使い捨てムービーマン(動画編集者)で終わらないために
  5. サイコパス

    洗脳・マインドコントロール

    ブロガーとサイコパスと私
PAGE TOP