ブログ集客

コピーライティング

ブログ集客コンサルにお金をかけることが無意味な本当の理由

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

ブログを書いて稼いで生きてくためのスキルは基本的に2つに絞られます。

いつでも人に刺さる記事を書ける
検索に引っかかる記事が書ける

のどちらかです。

どちらかができればブログだけを書いて生きていくことができます。

逆に言えば、このどちらかのスキルがなければどれだけブログを書いても稼げません。
 

いたってシンプルです。

が、シンプルが故にイケる人とダメな人にハッキリと分かれるんです。

人に刺さる記事を書いて稼ぐ方法

人に刺さる記事を書いて稼ぐ方法というのは、バズらせること、わかりやすく悪く言えば炎上です。

これが常にできれば、

・アドセンスで収益を得ることができる
・アフィリエイトで稼ぐことができる
・記事ライターの依頼が来る
・自分の商品を売ることができる
・SNSでも影響力を示すことができる

の内、どれかの可能性で食べていくことができます。
 

まぁ、刺さるという部分にフォーカスをすれば、

・書籍の執筆依頼が来る
・コピーライターの依頼が来る

という可能性も大いにあります。
 

で、強烈に人の心を動かすわけですから一発当たれば収益額も爆発的になるでしょう。
 

ただし、誰かが記事を拾って拡めてくれなければ、記事が収入に換わることはないので、「常に書き続ける」という条件がつきまといます。

ブログを更新しなければ終わっていくという、いわゆる「労働集約型ブログ」というパターンです。
 

また、アメブロしかやっていない人は、よほどラッキーか、記事が専門特化していない限り検索で引っかかることはないので、刺さる記事を書くスキルがなければブログでマネタイズすることは不可能になります。

つまり、アメブロユーザーであることが、自動的に、

「刺さる記事が書けない人は終了」

になるということは火を見るより明らかです。

検索に弱いその他の無料ブログもしかりですね。

検索に引っかかる記事を書いて稼ぐ方法

検索に引っかかる記事を書いて稼ぐ方法の肝は、情報の質と量、そしてSEOのテクニックになります。

それによって、

・アドセンスで収益を得ることができる
・アフィリエイトで稼ぐことができる
・自分の商品を売ることができる
・記事ライターの依頼が来る
・HPやサイトの運営の依頼が来る

といったことで食べていくことが可能になります。
 

突発的な大きな収益は無いかもしれませんが、収益の確実性と安定性はかなり高いのと検索されることが前提で記事を溜め込んでいくので、ブログ自体が利回りの良い資産になります。

つまり、一定数記事が溜まれば、記事を更新をせずに放置していてもブログが常に収入を生んでくれるということですね。

基本に忠実にブログライティングをしていって、かつ、総合的にSEO対策を施していさえすれば食いっぱぐれることは基本的には無くなるわけです。

要は、「不労所得型ブログ」がコレです。

刺さる記事を書くためには才能やセンスが不可欠

ライティングの基礎をしっかり学べばブログの文章自体は誰にでも書けるようになります。

が、読み手に刺さる文章が書けるかどうかはまた別の話になります。

というか、才能やセンスがなければ書けません。
 

人生経験が豊富な人の話はおもしろいですが、その人が書くブログがおもしろいかどうかは別です。

人よりおもしろい経験をしていたとしてもやはり表現する術がなければ伝わらないんですね。

独自の切り口やボキャブラリー、言い回し、表現力、
あるいは、「言葉の力」や「言霊」といったクリエイティブな要素が必要な手法なので、この「人に刺さる記事を書く」というのはめちゃくちゃ不確実なブログライティングです。
 

で、これは学んでどうこうなる話ではないんですね。

誰かの文章や表現方法をインプットして自分のフィルターを通して出せる人でないと無理です。

なので、それができない人は現段階ではこの手法は早々に諦めた方が良いです。
 
 
もちろん、何かしら毎日記事を書いていれば、以前より「良くなる」ことは当然としてあります。

が、「良くなる」ことと「突出する」ことは違うのです。

 
小学生が、同じ国語の授業をマジメに受けていても、めちゃくちゃおもしろい作文が書ける子と、「がんばってる感は伝わるけど、、、」という残念な作文しか書けない子がいるのと同じです。

あれって才能やセンスで決まります。
 

で、「現段階では諦めろ」と言ったのは、稀に、”才能が目を覚ます人”がいるからです。

そういう人は両方のスキルが手に入るので最強です。

カリスマブログへの執着は捨てよう

僕自身、ブログ集客に特化しないのはこのためです。

不労所得型ブログに関しては、

・インプットに時間を割いているかどうか
・必要な記事を必要なだけ書いているかどうか
・SEOやSXOの概念を理解しているかどうか

の話なので、いくらでも指導することができますが、労働集約型ブログに関しては、その人のポテンシャルにモロ依存します。

 
なので、ブログ集客のノウハウに関してはYouTubeなどで全て無料で提供しているわけです。

ブログを書く才能やセンスがある人は、アメブロだろうがWordPressだろうがすでに自由自在にアクセスを集められているので、普通に生活していく分には指導はいらないんですよ。

逆に、才能やセンスがない人のために、これを観て確実性の高いブログ集客を目指してね、という感じでYouTubeで動画配信をしています。
 

で、ブログの基本を理解した上で、さらにブログをの資産力を強化していきたい人に個別指導をしています。

そこまでいくと、ブログ集客云々ではなく、ビジネスモデルの構築になってきますからね。

 
ということで、<ブログ集客コンサルなんかに、お金は1円もかける必要はないのです。

ネット上に転がっている情報以上のノウハウを提供しているコンサルタントなんかいませんから。
 

文章の才能やセンスがある人はネット上に転がっている情報だけで十分やれますよ。

 
その段階で無理だと感じているのであれば、人の心を動かせるカリスマブログに執着せずに、資産にするブログ構築にシフトしていきましょう。

その中で才能に目覚めるようなことがあればその時にカリスマブログを目指せば良いんです。

その時にはトップアフィリエイター並みの不労所得型ブログのスキルが身についているので一気に突き抜けることができます。

くれぐれも、お金をかける場所や 施策の優先順位を間違えないようにしてください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点
  2. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い
  3. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  4. ステップメールの1通目:つかみと共感
  5. ステップメールの7通目:予告とオファー

関連記事

  1. ブログ集客

    毎日ブログを書いていて「ブログで稼ぐつもりはない」って正気ですか?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。主婦の人とかの趣味…

  2. Google

    SEO戦略

    Googleに好かれる毒舌ブログの書き方

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ブログを書く上で、…

  3. アメブロ

    アメブロ

    アメブロ集客の裏側⑩:アクセス数と成約率はどっちが重要?

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。前回の補足になりま…

  4. ステップメール

    WEB集客

    ステップメールの1通目:つかみと共感

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。ステップメールの1…

  5. アメブロ

    WEB集客

    令和時代は絶対にアメブロで集客をしてはいけない2つの理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。少し前から、アメブ…

  6. コピーライティング

    セールスレターから逆算してビジネスをつくる方法【Part3】

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。前回からの続きで、…

オンラインサロン

無料メール講座

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. コンサルタント
  2. Twitter
  3. Twitter

最新記事

  1. YouTubeは未来のお客さんに「視聴覚情報」という安心を提…
  2. これでライティングスキルがアップしなければブログはあきらめて…
  3. ブログを書くモチベーションが下がったときにやるべきこと
  4. 【ブログ4.0】消費されないための“隠れ家”式ブログ(情報発…
  5. 弱者の「アップデート式」ブログ生存戦略

服部のアタマの中

  1. リストマーケティング

    WEB集客

    12月1日にメルマガを配信するという愚策リストマーケティング
  2. SNSマーケティング

    ブログトゼンブ
  3. マーケティング

    コンテンツメイク

    「知られていないことは存在していないのと同じ」と言うけど、そもそも「知られても良…
  4. イケダハヤト

    つぶやき・仕事術

    イケハヤさん、Twitterのブロック解除をお願いします。
  5. 演繹法 帰納法

    政治・経済

    演繹法と帰納法の上手な使い方
PAGE TOP