Twitter

SNSマーケティング

Twitterのフォロワーは何人いれば年収1000万円稼げるのか?

たまに「Twitterのフォロワーって何人くらいいたらどのくらい稼げるんですか?」って聞かれるんですが、今回はこれに関する僕の解を話そうかなと。

相変わらず「好きなことをして生きていく!」というテンプレ起業家や情弱フリーランスはあとを立たないわけですが、そんな人たちが一番最初にしようとするのが「フォロワーを増やすこと」です。

まぁそれも、インフルエンサーが言う「フォロワー1000人以下はザコ」みたいな言葉を真に受けて「おっしゃー!フォロワー増やすぞー!」と躍起になっているんだと思うんですが。
 

でも、彼らがいかにしてフォロワー数万人になったとか考えたことないと思うんですよね。

だから、ほとんどの人が彼らのようなインフルエンサーに絡んだり、彼らのオンラインサロンに入ったりして、要は「媚びてフォロワーを増やす」という手法を取るわけです。

挙げ句の果ては、ヨダレダラダラが丸見えのフォロワー増やしのためのプレゼント企画とか(「フォロー&RT!」みたいなやつね)をやっちゃうわけです。

TLに現れたらソッコーミュートですよね。

効率が悪すぎる「数の暴力」でのマネタイズ

そもそも彼らは実績や肩書き、強い言葉、幅広い見識(があるように見せること)によってフォロワーが増えていったわけであって、多くの人がやっているような「インフルエンサーの靴をペロペロ」「フォロワーの靴をペロペロ」していたわけではりません。

なので、自分にそういった実績や肩書き、言葉のセンスなどがあるのであれば、彼らはロールモデルになり得ますが「何者でもない自分が何者かになる」みたいなゆるいコンセプトでフォロワーを増やそうとしているのであればロールモデルになり得ません。

それどころか、むしろただの劣化コピーにになるだけです。
 

その証拠として、彼らはフォロワーとマネタイズのバランスを何もわかってないですし、数の暴力でのマネタイズしか想定していないんですよ。

20万人くらいフォロワーがいればば3千万から4千万くらいの売上高は作れる

みたいな話をしている人がいたんですが、20万人のフォロワーがいる人間が、たった3000〜4000万円の売上しか作れないって、どれだけ質の低いフォロワーを想定してるんだって話です。

月収なのか年収なのかはわかりませんが、とりあえず「何かしらのアクションを起こした時にフォロワーが20万人いれば3000万円の売上を作れる」と考えると「3000万円÷20万人=150円」なので、平均単価150円ってどないやねんと。
 

別の考え方をしてみても良いです。

例えば20万人のフォロワーのうち1%の人が何かしらの商品やサービスを購入してくれるとすると、3000万円の売上を作るには単価は15000円なので、1%の濃いフォローでさえたった15000円しか使ってくれないという計算になりますよね。

この計算でいくと、1000万円稼ぐには7万人近いフォロワーが必要になるわけですし、同じような売上が何度も作れるのかというと、それが継続できる可能性はほぼゼロです。

なぜなら、満足度が50%としたら、次のアクションでは半分の売上になってしまうからです。

それだけではなく、アクティブなフォロワーは日に日に減っていきますし、自分のアカウントが存在し続ける保証もありません。
 

いや、そこまで苦労しなくても1000万円とか稼げますし、もっと安定させられる方法はいくらでもありますって。

もちろん、Twitterのフォロワーは多いに越したことはないですし、マネタイズ以外でもブランディングや出会い、アウトプットの訓練、情報収集など、フォロワーが多い方がチャンスや価値も高まります。

が、それも良いフォロワーがたくさんいることが前提であり、上記の売上しか作れないレベルのフォロワーを抱えていてもジリ貧になるだけです。

何よりも、自分が価値のあるツイートができるかどうか、そのツイートで興味を持ってくれた人がプロフィールに訪れた際に、自信を持って提示できるリソース(経験、知識、スキル、肩書き、経歴のうちどれか)があるかどうかが重要なわけで。

今どきフォロワー数でマウントとかダサいですし、フォロワー数になびく人も情弱ですよ。
 

ということで、早速「どのくらいのフォロワーがいれば年収1000万円の収益を作れるのか」という話をしていきましょうか。

ちなみに、計算がややこしくなるので「売上=収入」と考えてください。

フォロワー数の100倍の“月収”が最低ライン

どのくらいのフォロワーがいれば年収1000万円の収益を作れるのかを考えた場合、やはり最低限目指さなければならないのは「フォロワー数の100倍の“月収”」ですね。

100人なら1万円
1000人なら10万円
10000人なら100万円

つまり、10000人のフォロワーがいて年収1000万円に届いていないのであれば、「何かがおかしい」と考えた方が良いです。
 

だって、フォロワーの1%の人が毎月1万円を使ってくれる計算ですよ?

毎月ちゃんとスクリーニングして、フォロワーがちゃんと新陳代謝していれば全くもってブッ飛んだ数字じゃないですし、むしろ「いや、もっといけるっしょ」と思うくらいです。

場合によってはフォロワー数の1000倍でも良いんじゃないですかね。
 

この数字の根拠は?と言うのであれば、とりあえず今抱えているフォロワーに対して一度何かしらのセールスアクションを起こしてみてください。

残酷な現実が見れますよ。

しょうもないフォロワーの集め方をしている人はセールスをするのが怖いでしょうし、結果も目を背けたくなるようなものになると思います。

逆に、媚びずに無意味なフォロバもせずに、情報発信やコンテンツだけでコツコツとフォロワーを増やしてきた人は自信を持ってセールスできるでしょうし、結果もそこそこ出ると思います。
 

もちろん、冒頭でも

興味を持ってくれた人がプロフィールに訪れた際に、自信を持って提示できるリソース(経験、知識、スキル、肩書き、経歴のうちどれか)があるかどうか

と話したように、まずはこの土台があることが前提ですが。
 

まぁ、コンテンツではなく自分という人間にフォロワーがついているという自信があるのであれば、それを前提にアクションを起こしてみても良いと思いますが、何かを売るにしても最低限のコンテンツはいりますからね。

ちなみに、人物とコンテンツ、両方にフォロワーがついているのが最強であることは言うまでもなく、普段からここをクリアできていれば、フォロワー数の1000倍の収益を作れる可能性は飛躍します。

数字の根拠も話しましょう

数字の根拠に関してもちゃんとあって。

僕はメルマガとLINEも運営しているんですが、リストの数はだいたい100人〜300人くらいを保つように管理しています。

というのも、長年僕のメルマガを読んでくれている人は知っていると思うんですが、300人を超えるか6ヶ月たったあたりで「引き続き読みたい人は再登録してね」と定期的にスクリーニングしてるんですね。

そうするとだいたい読者さんの数は半分くらいになるわけですが、新陳代謝させることで、本当に必要な人だけに商品やサービスを届けられるしコンバージョンも高く保てるというわけです。
 

最近もメルマガを一新したんですが、開封率も平均80%近くとかなり高め(一般的に30%でかなり高いと言われている)なので、当然クリック率もコンバージョンも高くなります。

まぁ、多くの人が放置しすぎなだけで、ちゃんとやればこれくらいの数字は出るんですけどね。

で、コンバージョンはというと、新規は10〜15%、リピーターに関しては30〜40%はいきます。
 

何が言いたいかというと、ちゃんとしたリストが100前後あって、とっつきやすいフロントエンドとそれなりの単価のバックエンドという商品構成があれば、年収1000万円とか余裕で、2000〜3000万円も全然いけるということです。

って考えたときに、いくらTwitterのフォロワーとはいえコンバージョン1%くらいはいかないといけないですし、1%いくようなフォロワーの集め方をしなければならないわけです。

プライドを捨ててTwitterをガチってフォロワーを7万人集めてやっと1000万円稼げるとか、いかにアホみたいな話かわかるでしょう。
 

メルマガは垢BANされることはないので、ブログやnoteを立ち上げたら、Twitterの強化の前にメルマガを整えることを推奨します。

メルマガはあなたの情報が欲しいと思った人が登録し、しかもメルマガが届いて開封したときは、あなたの情報しか見ないですからね。

それに比べてTwitterでは常にいろんな人の情報が目に入ってきます。
 

もっと言うと、ステップメールを組めば、Twitterと違って「集客〜プロモーション〜セールス」まであるていど自動化できますし。

Twitterはブログやメルマガへの導線だったり、登録率や開封率、そしてコンバージョンを上げるためのブランディングツールの一つとして活用していれば、濃いフォロワーは勝手に増えていきます。

 

結果として、Twitterでもマネタイズができるようになると。

よく見るんですが、そもそも「フォロワーを増やして(増えたら)〇〇しよう」という考え方がミスってるんですよね。

大事に育てているメディアやコンテンツがあって、それを知ってもらうためにその断片をツイートすることで興味を持ってもらえるようになり「この人は〇〇の人だ」というブランディングができあがっていくんです。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

アーティストタイプの起業家かプロデューサータイプの起業家か前のページ

錯覚資産先行型ビジネスと実力先行型ビジネスの最適バランス次のページ錯覚資産

関連記事

  1. Twitter

    SNSマーケティング

    この先10年生き残りたいならTwitterを主戦場にしないこと

    Twitterをメインにするなという話をすると、Twitterでイキっ…

  2. Twitter

    SNSマーケティング

    売れている人はTwitterに専門性とカジュアル性が同居している

    匿名でもTwitterで仕事を取れてしまう、商品も売れてしまう世の中に…

  3. ホリエモン

    SNSマーケティング

    ホリエモン餃子事件から学ぶ「暴走化する信者」を集めないために注意すること

    今回はオピニオンというか、ややコラム的な内容になりますが、Twitte…

  4. ポジショニング

    SNSマーケティング

    炎上によって強化された第3のポジショニング

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。先日、ある『ソロ・…

  5. インフルエンサー

オススメのコンテンツ

オススメのWordPressテーマ

無料メール講座

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. 有料コンテンツ
  2. 殺し屋のマーケティング
  3. Twitter
  4. TCD WordPressテーマ
  5. PDCA

最近の記事

  1. 挫折
  2. お金とマーケティング
  3. 目的と手段と昇華と凝華
  4. 罪悪感
  5. コンサルタント

服部のアタマの中

  1. Twitter

    SNSマーケティング

    コンサルタントが教えるどんどん賢くなるTwitterの使い方
  2. ステップメール

    WEB集客

    ステップメール(Lステップ)は8通で完結させる
  3. 知的好奇心

    起業

    稼げない人は知的好奇心が旺盛な人
  4. マインドセット

    本気でお金を稼ぎたいなら1年間は人に会わずにひきこもれ
  5. プロフィール

    ブログ集客

    ライバルが知らない「理想のお客さんとめぐり逢うためのブログプロフィールの書き方6…
PAGE TOP