毒

コピーライティング

日本人にもっと毒を

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

前回紹介した広告コピーもそうなんですが、そもそも僕はヘッドコピーだけにはあまり興味がなくて、ボディコピーが優れてるものに興味を惹かれます。

 

今回もボディコピーが最高に素晴らしい、とっておきの深い広告コピーを紹介します。前田知巳さんが書いた宝島社の広告コピーです。

日本人にもっと毒を。

汚い、といって電車のつり革に触らない人は、逆に不健康だと思う。

毒気など無縁の顔で理想ばかり語っていた政治家は、あっさりと折れてしまった。

お人好しがどれだけ罪かということを自覚しない国が、外交で失敗ばかりをする。

毒とは何かを知らないコドモほど、人に平気で毒をかける。

あるいは自分にさえ毒をかけて、あっさりと死んでしまう。

あるいは「人に嫌われたくないから」という呪縛を自分にかけて、少しずつ少しずつ、自殺しながら生きている。

いい毒は薬。毒に触れ、毒を知り、ある時はそれを解毒しながら、ある時はそれを別の毒にぶつけながら、人は自分の中に、やわらかで逞しい免疫力や想像力を育てていく。

とんでもなく悪いことをする人間は、ほとんどの場合、このふたつが決定的に欠けている。

さてこれからの子どもたちはどういう風に毒を知り、人間を、世の中を、世界を知っていくのだろうか。

突然ですが、立川談志さんのような人には、ずっと居つづけてほしいと思う。

いい毒は薬。宝島社の活字

 

この広告コピーのテーマの一つとして、「受け手に迎合しない。受けての咀嚼力、想像力を信頼する。」というものがあるんですが、上記を含め、前田知巳さん自身もこういうふうに述べられています。

「人から嫌われたくない」という風に失点を恐れながら書かれた文章は、内容がどれだけ立派でも、不思議なほど、人が読む前からもはや読む気がしない雰囲気を醸し出してると思います。

広告の送り手としての「なるべく多くの人から共感を得たい」という思いが、皮肉にも「多くの人が目にも留めてくれない」広告を生んでしまう場合が多いということです。(以下略)

 

ブログなどの文章を発信してる人にとっては、なかなか耳が痛い人も多いんではないでしょうか(笑)?

日々”自殺するため”の文章を書くのはもうやめませんか?

このコピーもこの本の中に書かれています。

 
あ、忘れてました。

コピーとは関係ないですが毒といえばこの本ですね。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

オンワードシアワセのための23のことば前のページ

使える『7つのPDCA』にバージョンアップする次のページPDCA

関連記事

  1. family

    マーケティング

    家族持ちフリーランスの新マーケティング戦略

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。最近、コンサルを受…

  2. マーケティング

    嫌われ者こそ声を大きくしなければならない理由

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。「別にそんなに嫌わ…

  3. マインドセット

    本音で本気で生きることで失ってしまうもの

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。僕はコンサルタント…

  4. ZOZO 前澤友作
  5. 起業

    マインドセット

    起業(副業)で詰まないためにこの3つを頭に叩き込んで

    仕事柄、起業の相談を受けることは度々あるんですが、そもそも誰にも当ては…

  6. SPIN 営業術

    マーケティング

    SPIN営業術に学ぶ問い合わせからの成約率をあげる方法

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。SPIN営業術とい…

オススメのコンテンツ

コンテンツメイクの教科書

オススメのWordPressテーマ

無料メール講座

オンラインサロン

ソロマーケ部

オススメの記事

  1. コンサル
  2. 著作権

最近の記事

  1. えんとつ町のプペル
  2. リライト
  3. 家族第一主義
  4. インフルエンサー

服部のアタマの中

  1. マーケティング

    メルマガかLINEか問題の絶対的解
  2. WEB集客

    投資対効果の高いメディア構築の順番
  3. Twitter

    SNSマーケティング

    Twitter依存で闇落ちしてしまう人に足りない視点
  4. RAM WIRE

    マーケティング

    たった4分で号泣できるRAM WIREの『僕らの手には何もないけど、』のミュージ…
  5. インフルエンサー

    マーケティング

    ブロガーや起業家が大好きな「信用をお金に換える」という概念は、まもなく時代錯誤に…
PAGE TOP