過去の記事一覧

  1. 動画編集

    YouTube

    僕が動画編集者ならこうやってマーケティングをして一人勝ちする

    クライアントに動画編集者やクリエイターもいるので、このブログでは動画編集のマーケティングに関する記事もけっこう書いているんですが、これがけっこう読んでもらえてい…

  2. ブログ集客

    ゴミ記事を捨てずに新しいブログへ移行することで得られる5つのメリット

    ビジネスをしている人であれば、ブロブやYouTubeで継続的に情報発信をすることは今や当たり前になっていますよね。ノウハウや経験、知識、スキルをガンガン…

  3. インフルエンサー

    ブランディング

    オリジナリティのある中途半端な「共感型インフルエンサー」を目指そう

    ジョーカーのコラムでも少し書いたんですが、圧倒的成功者や圧倒的インフルエンサーが生み出しているものは、そのほとんどが「絶望」なんですよね。彼ら彼女らが第…

  4. note

    note戦略

    効率的なインプットのためには本を買うべきか?noteを買うべきか?問題

    今回のテーマはターゲットの話といえばターゲットの話なんですが、これはよくあるペルソナがどうこうという話ではなくて、もっと本質的な「客層」「属性」の部分です。…

  5. マルチタスク

    経営・ビジネス

    マルチタスクの光と闇

    この世に永久に続くビジネスなんてものはなくて、特に個人ビジネスにおいては立ち上げと撤退の繰り返しです。アフィリエイトだけでずっと食っていけるわけもなけれ…

  6. TCD Rebirth

    アフィリエイト

    TCDのWordPressテーマ『Rebirth』が無料で使えます(ブログ型WordPressテーマ…

    僕は普段からTCDのワードプレステーマを使ってるんだですが、というか運営している全てのサイト(ブログ、HP、写真ギャラリー、オンラインサロンなど)でTCDのWo…

  7. 炎上

    ブログ集客

    尖った発信をしたいけど炎上はしたくない人のためのマル秘テクニック

    情報発信(ブログやTwitter)において、認知されるためには「批判されても良いから、思っていることをストレートにズバッと自分の意見をぶつけるべきだ」という意見…

  8. ブログ

    マーケティング

    Twitterをガチることやブログを毎日書くことが目的になっている人

    ビジネスを始めて、一通りのメディアを立ち上げて運営し出すと、今何をすべきかが見えなくなることはよくあります。ブログやYouTubeを毎日更新すべきなのか…

  9. 錯覚資産

    マーケティング

    錯覚資産先行型ビジネスと実力先行型ビジネスの最適バランス

    過去にTwitterで下記のようなアンケートを取ったんですが、おもしろい結果が出ました。リプ欄も興味深いのでぜひ覗いてみてください。今の世の中は…

  10. Twitter

    SNSマーケティング

    Twitterのフォロワーは何人いれば年収1000万円稼げるのか?

    たまに「Twitterのフォロワーって何人くらいいたらどのくらい稼げるんですか?」って聞かれるんですが、今回はこれに関する僕の解を話そうかなと。相変わら…

  11. マーケティング

    アーティストタイプの起業家かプロデューサータイプの起業家か

    このコンテンツの無料部分だけでも読んでみてほしいんですが、そこで「HOW(どのように売るか)」の前に「WHAT(何を売るか)」ですよという話をしているわけですが…

オススメのコンテンツ

プロモーションの教科書

オススメのWordPressテーマ

オススメの記事

  1. Twitter
  2. 起業コンサル
  3. 余命6ヶ月
  4. はあちゅう
  5. Twitter

最近の記事

  1. 明石海峡大橋
  2. 挫折
  3. お金とマーケティング
  4. 目的と手段と昇華と凝華
  1. books

    オピニオン

    ハットリ図書館 Part4 ~企画/アイデア系~
  2. オワコン

    ブログ集客

    今からブログを始めるということ
  3. トレンド

    マーケティング

    「トレンドにババ乗り」するか「鬼逆張り」するかの答え
  4. コンサルタント

    コンサルティング

    これからコンサルタントになりたいならば
  5. TCD WordPress NUMERO

    WordPress

    作品で戦うクリエイター向けWordPressテーマ『NUMERO』
PAGE TOP