vermillion

SNSマーケティング




SNSによる「関係性」や「個性」で売るビジネスは死ぬ

こんにちは、服部です。

「良い商品さえあれば売れる」という思考はマーケティングの概念においては”ご法度”です。

そして、もはやこれはビジネスの基本としてマーケティングを知らない人たちにも浸透し、ブログなどでの情報発信や広告の重要性を認識して多くの人がビジネスをしています。

マーケティングの概念が浸透していくことは僕の立場としては非常に喜ばしいことですが、本当にこのままでビジネス上手くいくのかというと残念ながら僕の予見では「No」です。

SNSの光と闇

SNSが浸透したおかげで、情報の拡がり方はハンパなくなったのでローコストで広告宣伝ができるようになりましたが同時に本質がどんどん不透明になってきています。

例えば、商品の本質が全く見えないのに、販売者の個性やキャラだけで買ってしまったり”いいね!”の数だけで良いモノだと思考停止し買ってしまう稚拙な消費者が圧倒的に増えました。

一昔前まではしっかり自分で情報収集し一定量の知識を入れ複数の選択肢を用意した上で「これだ!」と決めて購入に至っていたんですが。
 

巷で溢れかえっているセミナーやビジネス塾などは稚拙な消費者を無差別にピックアップしているその際たる例でしょう。

中身や価値も全くわからないのに「人気がある人だから」「有名な人だから」「何だか楽しそう」といった抽象度の高い理由でいとも簡単に大金を払って参加する人がまだまだ後を絶ちません。

そこから、さらにSNSの悲劇は続きます。

一度、そういったコミュニティに入ってしまうと一気に外部情報が遮断され視野狭窄になります。

「他のコミュニティとは仲良くするな」と言われ、「余計な情報は調べなくても良い」と言われ、コミュニティの情報だけにコミットメントさせられ教団の信者のようにプライベートも束縛されます。

で、そういった場所で得られるものはというとネットで転がっている程度の情報だったり、もはや使い古されたノウハウだったりするわけです。

「オレがスゴいんだからそんなオレが教える内容はスゴいんだよ」

という、中身がカラッポものがほとんどなわけです。
 

もちろん、真実が見える人はガンガンツッコミを入れていくわけなんですが、彼らは外部との関係を遮断するため、都合の悪い質問に答えることもなければツッコまれた内容に対して説明することもありません。

下手に対応すると、”綻び”が一気に拡散して組織が崩れてしうというSNSならではのリスクがあることを熟知しているからです。

都合の悪いコメントは削除していればいいわけです。

SNSが真実を教えてくれるようになる

関係性やキャラだけで買ってしまった結果、大事な時間やお金を失ってしまったということを多くの人は気づき始めています。

「商品は良くて当たり前」が大前提の上で、関係性やキャラが付加価値として重要だというビジネスの本質に気づき始めています。

何が本当に価値のある商品かをそれもまたSNSが教えてくれくれるということです。
 

ふとした発信者の不用意な言葉やそこに異論を唱える人の言葉を見逃さなければその真実を見落とすことはありません。

集団ぐるみで発信しているSNSの情報は誰も信じなくなるという日は、もうすぐそこです。

10年生き残るマーケティングとは?

例えば、(株)ライト・ウィズアウト・ヒートの永瀬さんが手がけるvermillionの革製品ですが、完全に最高のモノありきのビジネスです。

 
永瀬さんの元には、ヴィトンやエルメスといった高級ブランドに飽きた本物志向の人だけが集まります。

かと思えば、必死に働いてお金を貯めて一生に一度の最高のモノを手に入れたいというロックな若者も少なくないらしいです。
 

僕も上記の財布を購入させていただいたんですが、完全にモノのクオリティから入りました。

情報収集し、永瀬さんと繋がっている人間にクオリティや価値のか裏付けをとった上で決して安くはない対価をお支払いさせていただきました。

個性や人間性、繋がりといったものはその後です。
 

メンテナンスの相談も真摯に聞いてくださるどころか、わざわざ大阪に来てメンテナンスをしていただき飲みにも連れて行ってくださる最高の兄貴なんです。

そう、永瀬さんは当然、「縁」も大事にされるのです。
 

こういった人たちや個性的なビジネスは、最初は

「そんな奇抜で高いもん誰も買わねーよ」

と、周りから散々と言われます。

が、結果として、10年後に残っているのは、流行りのマーケティングの潮流に流されずに、モノのクオリティやこだわりをとことん追求し、縁があった人には全力で関わる人なんです。

当たり前のマーケティングは死ぬ

薄っぺらい関係性が拡がっている世の中において、マーケティングもこれから生まれ変わります。

関係性や個性、キャラ、繋がりをどれだけ作っても最高の商品がなければ継続できませんし、全く進化の無い商品やサービスもしかりです。

「モノなんか売れない」
「モノを売るな体験を売れ」

そんな進化の無いバカの一つ覚えのような当たり前のようなマーケティングの概念はどんどん生産者も消費者も不幸にしていきます。
 

もちろん、本質を理解している人であれば、良いモノを提供することが大前提でその先にある笑顔やワクワクを提供するという当然の構図でビジネスをしているとは思います。

ですが、「モノを売るな」思想の浸透のせいでモノの価値やクオリティ、信念をないがしろにする残念な生産者が増えているというのが実情です。

あなたはあなたのマーケティングを

今日も中身がカラッポの情報がFacebookやTwitterなどのSNSで垂れ流され、多くの人が思考停止で”いいね!”を押します。

それが、自分の思考を停止させるということも思考停止者を量産していくということも、何も考えることなく、ただただ作業をしています。
 

もちろん、僕のマーケティングの概念は、僕の経験や、今現在繋がっている人たち、そしてこれからの未来を見据えた上での考えです。

なので、あなたはあなたの信じるあなただけのマーケティングをあなたの人生やビジネスにマッチしたあなただけのマーケティングをしていってください。

そして、それはいつ変わってもいいんです。

くれぐれも一つのコミュニティだけに縛られて、思考停止して選択肢をシャットアウトして大事なお客さんを不幸にしないことを願っています。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
NCS



ピックアップ記事

  1. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  2. ステップメールの6通目:ターゲットの絞込み
  3. ステップメールの1通目:つかみと共感
  4. ステップメールの3通目:ヒーローストーリー
  5. ステップメールの4通目:プレゼントの提供

関連記事

  1. PDCA

    マインドセット

    使える『PDCA』にバージョンアップする

    こんにちは、服部です。サラリーマンコンサル時代に教えてもらった…

  2. トレンド

    経営・ビジネス

    「トレンドにババ乗り」するか「鬼逆張り」するかの答え

    こんにちは、服部です。ビジネスで大きな収益を得るためにはどうす…

  3. コンサルタント

    コンサルティング

    ビジネスの仕組み化を望む人にコンサルタントは本当に必要か?

    こんにちは、服部です。上手くいかないと悔やむことや、思い通…

  4. USJ

    経営・ビジネス

    マーケティングの基礎を学びたい人が最初に読むべきUSJの本

    こんにちは、服部です。マーケティングってひとことで言うと何です…

  5. youtube

    WEB集客

    マーケティングにおいて動画配信をしないことの本当のデメリットをあなたは知らない

    こんにちは、服部です。まだ動画を活用していない人はもちろん、…

  6. 経営・ビジネス

    【※残酷注意】あなたが目標年収を達成できるかどうかが確実に分かる計算方法

    こんにちは、服部です。師匠から教えてもらった残酷な内容ですが、…

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

オンライン”コンサル”サロン

consul cafe

定期購読マガジン

note

Facebookページ

よく読まれている記事

  1. アメブロ
  2. Twitter
  3. アフィリエイト

最新記事

  1. 世の中の「正しいこと」を支持している時点でもう搾取される側に…
  2. ケイティ・ペリー以外のインフルエンサーは全員ザコである
  3. ブロガーとサイコパスと私
  4. アフィリエイトをする者の覚悟と責任
  5. 12月1日にメルマガを配信するという愚策リストマーケティング…

服部の普段のアタマの中

  1. アフィリエイト

    WEB集客

    アフィリエイトをする者の覚悟と責任
  2. リストマーケティング

    WEB集客

    12月1日にメルマガを配信するという愚策リストマーケティング
  3. マーケティング

    政治・経済

    労働者を自殺に追い込んでいるのはブラック企業ではなく「安売り推進派」と「安買い貧…
  4. やまもとりゅうけん

    SNSマーケティング

    Twitterでダサくセコく爆発的にフォロワーを増やす方法
  5. AI

    経営・ビジネス

    あなたの仕事を奪うのはAIではなく「AI時代を煽る人間」だ
PAGE TOP