アンケート

集客・マーケティング




アンケートに必ず入れるべき4つの質問

こんにちは、服部です。

進化したお客さんの情報を手に入れるために、アンケートを取りましょう、とよく言ってるんですが、で、どんなアンケートを取ればいいのか?

っていう話ですよね。

もちろん目的はいろいろあるんですが、私がお伝えするのは、お客さんの声を聞いてモチベーションを上げるためではありません。

反省会を開催するためのアンケートでもなく、いちばんの目的は、売上をあげるためです。

そのアンケート項目は4つです。

1.どんな悩みを解決するために来店されましたか?

商品やサービスによって、「来店」の部分は購入、依頼などに変えてください。

また、悩みの解決ではなくて、欲求を満たすための商品やサービスの場合は、「何を求められて」などに置き換えた方がわかりやすくなる場合もあります。

これを聞くことで、これから特化していくべきことや意外と需要がなかったことなどが明確になります。

そのため、お客さんに打ち出すべきことや、取捨選択するべきことがわかります。

2.どこでこの店(私、商品、サービス)を知りましたか?

あなたが広告などで打ち出してるもので、なにがきっかけになったかを聞いてください。

あなたを売っているなら、あなたですし、商品を雑誌などで記載しているなら、商品です。

これを聞くことで、お客さんの購買ルートがわかるので、どの広告に力を入れればいいのかがわかります。

また、どの広告が効果がないのかがわかるので、ムダな時間やお金を使うことがなくなります。

3.この店を知ってすぐに来店されましたか?

そして、すぐ来店されなかったとしたら、なぜですか?を聞きます。

これを聞くことで、この答えがそのまま、競合に流れている理由や、あなたを選ぶ際のハードルが何かがわかります。

競合に流れている理由がわかれば、それを取り入れたり、いくつかのハードルがあれば、それを排除することで来店が増えるようになります。

4.この店に来店された決め手は何でしたか?

これを聞くことで、現在の「ウリ」がわかります。

あなたが気づいていない「ウリ」もわかるのですが、もし、あまりにもいろんな意見が出てくるとしたら、それは必ずしも決していいことではありません。

なぜなら、あなたが伝えたいウリが伝わっていないからです。

つまり、ターゲットが定まってないので、本来、あなたが求めているお客さんを逃しています。

※ 注意点

アンケートに答えてくれる全てのお客さんが、必ずしも本当のことを言ってくれるとは限りません。

メールや登録フォームだけではなく、確実に返答がもらえる、電話なども使ってできるだけ多くのアンケートを取ってください。

選択形式(YES・NO、良い・ふつう・悪い)などはお客さんの負担を軽減できますが、特定のデータを取る場合以外は、得られるものがなくけっこう無意味だったりします。

抽象的な感想などを書いてもらうアンケートも、特に目的がない限り、あまり意味がありません。もちろん、質問量が多すぎるのもNGになります。

アンケートのブログや広告への落とし込み方などは気軽に相談してください。
 

PS

アンケートフォームはGoogle FormCREATIVE SURVEYなどで誰でも簡単につくることができます。

あなたのブログ記事の中に設定すれば、読者さんに回答してもらうことも可能です。

ぜひ活用してみてください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. 悪質なアフィリエイトと良質なアフィリエイトの違い
  2. コンサルタントがアフィリエイトを活用すべき2つの理由
  3. ステップメールの7通目:予告とオファー
  4. ステップメールの1通目:つかみと共感
  5. ステップメールの5通目:デメリットの告白

関連記事

  1. WEB集客

    目的別見込み客リストの集め方

    こんにちは、服部です。ビジネスの内容にもよるんですが、メルマガ…

  2. 島田紳助

    経営・ビジネス

    勝てるポジショニングは島田紳助のシークレット講義で学べ

    こんにちは、服部です。年末、そしてクリスマスにこんな話をするの…

  3. SNS

    経営・ビジネス

    SNSで影響力がない人間はビジネスで勝てないのか?

    こんにちは、服部です。ネット上における”影響力”とは何でしょう…

  4. インスタ

    SNSマーケティング

    意外と知らないInstagram(インスタグラム)の動画機能

    こんにちは、服部です。僕は趣味程度にしか使ってないんですが、ビ…

  5. WEB集客

    コンテンツの「どこまでが無料でどこからが有料か」という時代遅れな考え方

    こんにちは、服部です。最近はコンサルタントだけではなく、一部の…

無料メール講座

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. 起業コンサル
  2. Twitter
  3. 貧乏
  4. イケダハヤト

最新記事

  1. 親が子どものマーケティングを失敗するとどうなるのか?
  2. 起業コンサル舐めてない?
  3. 優秀なツイ廃になる方法
  4. 自己都合の専門家には仕事の依頼がなくなります
  5. Twitterは右脳活性化ツール、ブログは左脳活性化ツール

服部のアタマの中

  1. トレンド

    経営・ビジネス

    「トレンドにババ乗り」するか「鬼逆張り」するかの答え
  2. ポジショニング

    SNSマーケティング

    炎上によって強化された第3のポジショニング
  3. 島田紳助

    経営・ビジネス

    勝てるポジショニングは島田紳助のシークレット講義で学べ
  4. ミルフィーユマーケティング

    集客・マーケティング

    美味しいビジネスをつくる『ミルフィーユマーケティング』の仕組み
  5. イケダハヤト

    つぶやき・仕事術

    イケダハヤトさん、Twitterのブロック解除をお願いします。
PAGE TOP