アンケート

マーケティング

アンケートに必ず入れるべき4つの質問

こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。

進化したお客さんの情報を手に入れるために、アンケートを取りましょう、とよく言ってるんですが、で、どんなアンケートを取ればいいのか?

っていう話ですよね。

もちろん目的はいろいろあるんですが、私がお伝えするのは、お客さんの声を聞いてモチベーションを上げるためではありません。

反省会を開催するためのアンケートでもなく、いちばんの目的は、売上をあげるためです。

そのアンケート項目は4つです。

1.どんな悩みを解決するために来店されましたか?

商品やサービスによって、「来店」の部分は購入、依頼などに変えてください。

また、悩みの解決ではなくて、欲求を満たすための商品やサービスの場合は、「何を求められて」などに置き換えた方がわかりやすくなる場合もあります。

これを聞くことで、これから特化していくべきことや意外と需要がなかったことなどが明確になります。

そのため、お客さんに打ち出すべきことや、取捨選択するべきことがわかります。

2.どこでこの店(私、商品、サービス)を知りましたか?

あなたが広告などで打ち出してるもので、なにがきっかけになったかを聞いてください。

あなたを売っているなら、あなたですし、商品を雑誌などで記載しているなら、商品です。

これを聞くことで、お客さんの購買ルートがわかるので、どの広告に力を入れればいいのかがわかります。

また、どの広告が効果がないのかがわかるので、ムダな時間やお金を使うことがなくなります。

3.この店を知ってすぐに来店されましたか?

そして、すぐ来店されなかったとしたら、なぜですか?を聞きます。

これを聞くことで、この答えがそのまま、競合に流れている理由や、あなたを選ぶ際のハードルが何かがわかります。

競合に流れている理由がわかれば、それを取り入れたり、いくつかのハードルがあれば、それを排除することで来店が増えるようになります。

4.この店に来店された決め手は何でしたか?

これを聞くことで、現在の「ウリ」がわかります。

あなたが気づいていない「ウリ」もわかるのですが、もし、あまりにもいろんな意見が出てくるとしたら、それは必ずしも決していいことではありません。

なぜなら、あなたが伝えたいウリが伝わっていないからです。

つまり、ターゲットが定まってないので、本来、あなたが求めているお客さんを逃しています。

※ 注意点

アンケートに答えてくれる全てのお客さんが、必ずしも本当のことを言ってくれるとは限りません。

メールや登録フォームだけではなく、確実に返答がもらえる、電話なども使ってできるだけ多くのアンケートを取ってください。

選択形式(YES・NO、良い・ふつう・悪い)などはお客さんの負担を軽減できますが、特定のデータを取る場合以外は、得られるものがなくけっこう無意味だったりします。

抽象的な感想などを書いてもらうアンケートも、特に目的がない限り、あまり意味がありません。もちろん、質問量が多すぎるのもNGになります。

アンケートのブログや広告への落とし込み方などは気軽に相談してください。
 

PS

アンケートフォームはGoogle FormCREATIVE SURVEYなどで誰でも簡単につくることができます。

あなたのブログ記事の中に設定すれば、読者さんに回答してもらうことも可能です。

ぜひ活用してみてください。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. イノベーター理論
  2. チャンス
  3. カリスマ
  4. ブログ
  5. プロフィール
  6. 大阪

    コンサルティング

    マーケティングコンサルタントは大阪人に限る

    こんにちは、服部(@FACTDEAL)です。記事タイトルの軽さ…

無料メール講座

定期購読マガジン

オンラインサロン

オススメの記事

  1. 夢の国
  2. SPIN 営業術
  3. インフルエンサー
  4. Brain 迫佑樹
  5. スピリチュアル

最近の記事

  1. コロナ
  2. Brain 迫佑樹
  3. 情弱
  4. サラリーマン

服部のアタマの中

  1. twitter

    SNSマーケティング

    Twitterをビジネス活用する上で一番恐ろしいこと
  2. キングコング 西野亮廣

    つぶやき・仕事術

    キングコング西野くんからの衝撃的なお届け物(えんとつ町のプぺルの原画)について
  3. 洗脳・マインドコントロール

    起業コミュニティは風俗店である
  4. 貧乏

    マーケティング

    人間は貧乏から先に死んでいく【Part1】
  5. はあちゅう

    SNSマーケティング

    炎上に飽き足らない人はビジネス・リストカットに走り出す
PAGE TOP