タモリ

WEB集客




タモリさんの「戦争が無くならない理由」に鳥肌が止まらない

こんにちは、服部です。

芸人兼絵本作家が書いた本、キングコング西野くんの「魔法のコンパス」を読んだのですが、これがなかなか衝撃でした。

何が一番衝撃だったかというと、西野くんの話ではなく(ゴメン)この本に出てくるタモリさんが語っていた「戦争が無くならない理由」なんですが、以下がその内容です。

戦争が無くならない理由はなんだと思う?

それはな、人間の中に『好き』と言う感情があるからだ。そんなものがあるから、好きな物を他人から奪ってしまう。また、好きな物を奪った奴を憎んでしまう。ホラ、自分の恋人をレイプした奴を『殺したい』と思うだろ?

でも、恋人のことを好きじゃなかったら、攻撃に転じることはない。残念だけど、人間の中に『好き』と言う感情がある以上、この連鎖は止められないんだよ。

『LOVE&PEACE』という言葉があるけど、LOVEさえなければ、PEACEなんだよ。その生き方は、かぎりなく動物や植物の世界に近いな。ただ、『好き』がない世界というのも、ツマラナイだろう? 難しい問題だよ、これは。どうしたもんかね?

ずっと感じていた違和感の正体

このタモリさんの戦争論は、僕の中で最近ずっと引っかかっていたことや、感じていた違和感をスカッとさせてくれましたね。

キレイゴトばっかり言ってる人や「戦いは良くない」って言っている人や、ビジネスにおいて「競合と争ってはいけない」「同業とは共存するんだ」って言っている人って、確かに良い人そうに見えるし、実際に平和主義なんだろうなとも思うんですね。

あるいは、みんな平等で、みんなにチャンスがあると言う人、誰にでも声をかけて、誰にでも優しくする人って、一見、人格者に見えます。

が、僕はこういう人にずっと強い違和感を感じていました。
 

こういう人って、自分の周りから人が離れていくのが怖くて、怒りや悲しみの感情をひた隠している、単なる臆病者なんだろうなと思っていたわけです。

いつも同じ場所で同じことを言っている進歩のない人だと。

最近、ちょうどそんなツイートを見かけました。


 
もしくは、心の底から本気で愛しているモノや愛しているコトがない、あるいは愛している人がいない、寂しい人なんだろうなと思ってたんです。

なぜならこういう人たちって、発信している言葉に愛が乗ってないんですよ。

もうね、それが気持ち悪くて気持ち悪くて。
 

逆に、好きなモノ、コト、人のために戦っている人は、言葉がきつくても、言葉が汚くてもしっかりと愛が感じられるんですよ。
 

「この違いって何やろう?」

って、ずーーーっと考えてました。
 

僕が、好き嫌いが激しくて(それもある)、嫌いな人や納得のいかないことは批判したくなるタイプの人間で、やっぱり普通の人とは精神状態が違うのかなと。

そう思ってたんですけど、実はそれは違うということがわかりました。

好きなものが増えれば敵も増える

仕事においてもプライベートにおいても

好きな時に、好きな場所で、好きな人と、好きなコトを、好きなだけする、が僕のモットーなわけなんですが、日々、これだけ好きなコトを追求していたら、攻撃性も高まって当然だなということが、タモリさんの戦争論でハッキリわかりました。

・時間(好きな時に)
・空間(好きな場所)
・人物(好きな人と)
・事象(好きなコトを)
・質量(好きなだけする)

を見てもわかるように、好きなことが多いってことは、絶対に譲れない価値観や妥協できない信念、守りたいものがめっちゃあるってことなんですよ。
 

僕の好きなコトを否定する人はムカつくし、僕の好きな人を脅かす人は許せないわけです。

これって、人間として当たり前じゃないですか。
 

おかしいものはおかしいと言って批判したり、議論したり。

好きなものや守るものが多ければ多いほど戦いは避けられないと思いますが、でも、批判や議論をすることではじめて上辺ではなく本心で相手の考えを尊重できたりするわけです。

めんどくさいと言ってスルーしてたら、双方の考えや価値観を知ることすらできないので、むしろ避けてはいけないんですよ。

小さな議論や戦いを避け続けるから、「アイツはきっとこうなんだ」という、根拠のない思い込みや敵対心が蓄積していき、自分の正義をゴリ押しするようになり、爆発して戦争になるわけです。

アウトプット量は戦っている証拠

僕とつながっているクライアントやパートナーは、ほぼ例外なく何かと戦っています。

それは、”ムダな戦争”をしているわけではなくて、好きなモノや愛する人のために戦っていることがちゃんと伝わっています。

何で伝わっているかというと、彼(彼女)らが発信している内容もさることながら、そのアウトプット量です。
 

これだけ流れが早い時代において何も調べずに、何も考えずに、何も行動せずに、ボーっとしていると、

・自分の好きなモノ
・自分の好きなコト
・自分が好きな人

は、たちまち失ってしまうコトになります。

だから、『LOVE』を守るために戦っている人は、アウトプット(発信内容)の量も多いし質も高いんですね。
 

好きなもののことや好きな人のことを考えている時間と深さが違うので。

毎日まいにち同じようなことばっかり言っている、ボケ老人みたいな人はいないし、『PEACE』だけを求めて「いつも笑顔で」「全ての人に優しく」「ありのままで」と、キレイゴトを言っている人もいません。

LOVEのために戦っているか?

あなたは今日も『LOVE』のために戦っていますか?

もし、「戦意があまり無い」というのであれば、真の『LOVE』が見つかっていないのかもしれません。

『LOVE』だと思い込んでいるだけなのかもしれません。
 

毎日が退屈なのは、平和や安定、安心感だけを得ようとしているから、つまり、『PEACE』だけを追求しているからです。

思うがままの『LOVE』を手に入れたら、それが人生で死ぬほど大事な『LOVE』なのであれば、それを守るためには戦い続けないといけないんですよ。

『PEACE』だけを追求する人生はツマンナイですし、やっぱりそれってウソっぽいし人間らしくないですよ。
 

まぁ、僕ら情報発信者の武器といえば、こういった地球と財布に優しい武器ばかりです。

 
とはいえ、国の政策や企業の販促、宗教、さらには親や先生の躾を見ればわかるように、情報や言葉の力というのは、あらゆる武器の中で一番強力だったりするんですけどね。

情報や言葉によって人の行動を変えるというのは、洗脳やマインドコントロールの範疇なので。
 

PS

今回のような記事が好きな人は、直感的にコラムを書いている僕のオフィシャルブログの方が気に入ってもらえるかもしれませんね。

のんびり更新ですが、興味がありましたらそちらもどうぞ。

マーケティングコンサルタント服部慎也のオフィシャルブログです



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



ピックアップ記事

  1. ステップメールの8通目:セールスとフォロー
  2. ステップメールの2通目:共通の敵の設定
  3. ステップメールは何通で完結させればいいのか?
  4. ステップメールの5通目:デメリットの告白
  5. WordPress(ワードプレス)の準備②:ドメイン取得の方法と注意点

関連記事

  1. マーケットイン プロダクトアウト
  2. アメブロ

    WEB集客

    2017年は絶対にアメブロで集客をしてはいけない2つの理由

    こんにちは、服部です。少し前から、アメブロの商用利用における規…

  3. Google

    SEO戦略

    GoogleのURL短縮サービスの使い方

    こんにちは、服部です。今回はちょっと便利なツールをご紹介します…

  4. サイコパス

    洗脳・マインドコントロール

    高確率でサイコパスと情報弱者を巡り合わせるSNSワールド

    こんにちは、服部です。最近のクライアントは同業(コンサルタント…

  5. SEO戦略

    ワードプレスで作ったホームページやブログの表示速度を劇的に速くする方法

    こんにちは、服部です。サイトの表示速度が遅いことのデメリットは…

無料メール講座

定期購読マガジン

よく読まれている記事

  1. プロブロガー
  2. 浮気

最新記事

  1. 情報商材とオンラインサロンとコンサルの違い
  2. 独自のプラットフォームでオンラインサロンが運営できるWord…
  3. 常識破りの“コンサル流”ブログの記事ネタ量産方法
  4. バズったツイートを分析してみたら情報発信の超基礎だった話
  5. 独自のポジションを獲得したければTwitterのブックマーク…

服部のアタマの中

  1. インフルエンサー

    経営・ビジネス

    ブロガーや起業家が大好きな「信用をお金に換える」という概念は、まもなく時代錯誤に…
  2. RAM WIRE

    集客・マーケティング

    たった4分で号泣できるRAM WIREの『僕らの手には何もないけど、』のミュージ…
  3. Twitter

    SNSマーケティング

    瞬殺でブロックするのはもったいない!お互いを高めあえる『高鮮度ツイート合戦』のや…
  4. google

    WEB集客

    仮想通貨の動向を知るのにGoogleトレンドやキーワードプランナーは絶対に外せな…
  5. BEAMS

    集客・マーケティング

    BEAMSの秀逸なプロモーションビデオが教えてくれるアパレル販売員のあるべき姿
PAGE TOP